ニュース

アーティストがビル壁面を管理? 「ON THE WALL」始動

4月2日、NPO法人KOMPOSITIONは、建物の管理者から壁面の管理を受託し、その壁面を使ってアーティストに継続的に表現発表の場を提供する「ON THE WALL」の運営を開始したと発表した。

KOMPOSITIONは今までに、渋谷の宮下公園や桜木町の高架下壁面を使い、グラフィティ・アーティストたちに壁面を提供してきた。グラフィティを合法的に、若者のエネルギーの表現の場として活動してきたこの「リーガルウォール」という名の活動を派生させ、より継続的で、社会にもアーティストにも有意義な活動として、今回の「ON THE WALL」の開始に至った。

ビルのオーナーから壁面の管理運用を預かり、グラフィティ・アーティストやグラフィックデザイナーなどの作品を描いていく。定期的に塗り替えをしていく。同法人代表理事の寺井元一氏はこう語っている。

これまで、実質の単発イベントだった「リーガルウォール」が、壁面を年間で管理し「運用」する事業になりました。より効果的なアート振興と、社会インパクトを実現したいと思っています。ビルオーナー様にも社会貢献メリットと、壁の管理委託メリットの2点を訴えていきたく考えています。

現在開始時点で、渋谷のビルオーナー2名と契約が成立しており、全9面、合計500平方メートルの壁面の運用を行なう。

※掲載画像=2007年2~3月に行なわれた「桜木町ON THE WALL」。横浜・桜木町の降下した壁面3600平方メートルを、公募アーティスト約80組に解放して30日間にわたり巨大壁画空間を創出した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今