ニュース

繊細なドローイングから広がる詩的な世界、永岡大輔 個展『曖昧な庭』

緻密な線の集積で、詩的な世界を描き出す永岡大輔氏による新作展『曖昧な庭』が、hpgrp Gallery 東京(東京・表参道)にて5月6日(火)まで開催中。

永岡大輔氏はインクの線を繰り返し重ねて描くドローイングを中心に発表しているアーティスト。今回がhpgrp GALLERY TOKYOでの初個展となる。

今回の展示ではドローイング作品に加え、「蜂の真社会性」からインスピレーションを受けた立体作品を発表する。作品の生み出す中で、線を重ね、描くという行為の反復や、小さな破片を積み上げて塊を作るという献身的行為を、女王に尽くす働きバチが自身と外界をつなぐものと似た捕らえ方である、と永岡氏は表現している。

「真社会性」とは種の中に女王蜂や働き蜂などの階層をもち、社会的構造がある昆虫の中でも、子孫を増やさず働くだけの不妊階層が存在するハチなどが存在する特殊な社会性のこと。

実在と想像の狭間にいるかのような動物や昆虫、森がたたずむ永岡氏の不思議が広がる空間が広がる展覧会だ。

永岡大輔 個展『曖昧な庭』
2008年4月3日(木)~5月6日(火)11:00~20:00
会場:hpgrp Gallery 東京(東京・表参道)
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら