ニュース

『ガンダーラ映画祭』のスピンオフイベント、阿佐ヶ谷ロフトAにて2日間開催

『ガンダーラ映画祭』とはイメージリングスのしまだゆきやすが主催する娯楽ドキュメンタリー映画祭。毎年下北沢LA CAMERA(ラカメラ)で上映を敢行しており、松江哲明監督の大ヒット映画『童貞。をプロデュース』も本映画祭の為に作られた作品だ。

今回は今年の4月に行われた『ガンダーラ映画祭』の一部作品を2日間にわたり、阿佐ヶ谷ロフトで観ることができる。

6月15日(日)には、夏に主演映画『青空ポンチ』(柴田剛監督)が公開を控える山本剛史の魅力にどっぷり浸ろうという企画。山下敦弘×向井康介コンビによる怪優・山本剛史に密着した『我ら天下をめざす』が上映。さらに今回は本家ガンダーラ映画祭で上映されていないディレクターズカット版での上映。他にも高校時代から取り続けた山下敦弘による山本剛史の超レア作品も大放出される予定だ。

6月16日(月)には4月の『ガンダーラ映画祭』でも上映されたChim↑Pom、花くまゆうさく、しまだゆきやすの作品を上映する。

また、本家、第3回ガンダーラ映画祭は大阪、名古屋にて地方上映も行われることが決定。「見逃してしまった」「もう一度観たい」という人はこの機会をお見逃しなく。

ガンダーラ映画祭スピンオフ!!
『我ら天下をめざす~featuring Takeshi Yamamoto~』
2008年6月15日(日)OPEN 18:30 / START 19:30
料金:前売1,500円 当日1,800円(ともに飲食代別)
出演:山本剛史、山下敦弘、向井康介
チケット:前売り券はローソンチケットにて発売中(Lコード:36283)

イメージリングスpresents
『第3回ガンダーラ映画祭スペシャル』
2008年6月16日(月)OPEN 18:30 / START 19:30
上映作品:
Chim↑Pom『アイムボカン~地雷撤去という超セレブな夢』(54分/DV/08年)
花くまゆうさく『人間爆発』(22分/DV/08年)
しまだゆきやす『日本イスラーム化計画』(32分/DV/08年)
ゲスト:
花くまゆうさく(マンガ家)
松江哲明(ドキュメンタリー監督)
Chim↑Pom(アーティスト)
鈴木邦男(一水会顧問)、他
司会:しまだゆきやす(イメージリングス)
料金:前売 当日1,500円(飲食代別)
チケット:前売り券はローソンチケットにて発売中(Lコード:35978)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年