ニュース

『ガンダーラ映画祭』のスピンオフイベント、阿佐ヶ谷ロフトAにて2日間開催

『ガンダーラ映画祭』とはイメージリングスのしまだゆきやすが主催する娯楽ドキュメンタリー映画祭。毎年下北沢LA CAMERA(ラカメラ)で上映を敢行しており、松江哲明監督の大ヒット映画『童貞。をプロデュース』も本映画祭の為に作られた作品だ。

今回は今年の4月に行われた『ガンダーラ映画祭』の一部作品を2日間にわたり、阿佐ヶ谷ロフトで観ることができる。

6月15日(日)には、夏に主演映画『青空ポンチ』(柴田剛監督)が公開を控える山本剛史の魅力にどっぷり浸ろうという企画。山下敦弘×向井康介コンビによる怪優・山本剛史に密着した『我ら天下をめざす』が上映。さらに今回は本家ガンダーラ映画祭で上映されていないディレクターズカット版での上映。他にも高校時代から取り続けた山下敦弘による山本剛史の超レア作品も大放出される予定だ。

6月16日(月)には4月の『ガンダーラ映画祭』でも上映されたChim↑Pom、花くまゆうさく、しまだゆきやすの作品を上映する。

また、本家、第3回ガンダーラ映画祭は大阪、名古屋にて地方上映も行われることが決定。「見逃してしまった」「もう一度観たい」という人はこの機会をお見逃しなく。

ガンダーラ映画祭スピンオフ!!
『我ら天下をめざす~featuring Takeshi Yamamoto~』
2008年6月15日(日)OPEN 18:30 / START 19:30
料金:前売1,500円 当日1,800円(ともに飲食代別)
出演:山本剛史、山下敦弘、向井康介
チケット:前売り券はローソンチケットにて発売中(Lコード:36283)

イメージリングスpresents
『第3回ガンダーラ映画祭スペシャル』
2008年6月16日(月)OPEN 18:30 / START 19:30
上映作品:
Chim↑Pom『アイムボカン~地雷撤去という超セレブな夢』(54分/DV/08年)
花くまゆうさく『人間爆発』(22分/DV/08年)
しまだゆきやす『日本イスラーム化計画』(32分/DV/08年)
ゲスト:
花くまゆうさく(マンガ家)
松江哲明(ドキュメンタリー監督)
Chim↑Pom(アーティスト)
鈴木邦男(一水会顧問)、他
司会:しまだゆきやす(イメージリングス)
料金:前売 当日1,500円(飲食代別)
チケット:前売り券はローソンチケットにて発売中(Lコード:35978)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像