ニュース

土方巽生誕80周年・寺山修司没後25周年記念、「とりふね舞踏舎」凱旋公演

とりふね舞踏舎は、土方巽生誕80周年・寺山修司没後25周年記念として『ひのもと−ある晴れた日のお母さま−』を全労済ホール / スペースゼロ(東京・新宿)にて公演する。開催は6月10日と11日の両日。

とりふね舞踏舎は、1991年に三上賀代の舞踏論を基に作家の三上宥起夫により創立された暗黒舞踏集団。1994年には傘下団体として一般市民を中心とした舞踏グループ「湘南舞踏派」を立ち上げており、公演は賀代のソロもしくは小人数での公演と、賀代を中心としたプロの舞踏家+湘南舞踏派の二体制をとっている。

今回の公演は、とりふね舞踏舎英国舞踏公演ツアー(平成19年度国際交流支援事業)の凱旋公演となり、英国チェシャーダンス・ワークショップ参加者たちも参加。観る者を非日常へと誘う独創的な世界が舞台上に繰り広げられる。

『ひのもとーある晴れた日のお母さまー』
2008年6月10日、11日 開場19:00
会場:全労済ホール / スペースゼロ(東京・新宿)
構成・演出・振付:三上宥起夫
出演:
三上賀代
玉野黄市(哈爾賓派)
工藤丈輝(東京戯園館)
若林淳、
サイトウカオリ(舞踏舎 天鶏)ほか
作曲:J.A.シーザー
料金:一般 当日4,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像