ニュース

土方巽生誕80周年・寺山修司没後25周年記念、「とりふね舞踏舎」凱旋公演

とりふね舞踏舎は、土方巽生誕80周年・寺山修司没後25周年記念として『ひのもと−ある晴れた日のお母さま−』を全労済ホール / スペースゼロ(東京・新宿)にて公演する。開催は6月10日と11日の両日。

とりふね舞踏舎は、1991年に三上賀代の舞踏論を基に作家の三上宥起夫により創立された暗黒舞踏集団。1994年には傘下団体として一般市民を中心とした舞踏グループ「湘南舞踏派」を立ち上げており、公演は賀代のソロもしくは小人数での公演と、賀代を中心としたプロの舞踏家+湘南舞踏派の二体制をとっている。

今回の公演は、とりふね舞踏舎英国舞踏公演ツアー(平成19年度国際交流支援事業)の凱旋公演となり、英国チェシャーダンス・ワークショップ参加者たちも参加。観る者を非日常へと誘う独創的な世界が舞台上に繰り広げられる。

『ひのもとーある晴れた日のお母さまー』
2008年6月10日、11日 開場19:00
会場:全労済ホール / スペースゼロ(東京・新宿)
構成・演出・振付:三上宥起夫
出演:
三上賀代
玉野黄市(哈爾賓派)
工藤丈輝(東京戯園館)
若林淳、
サイトウカオリ(舞踏舎 天鶏)ほか
作曲:J.A.シーザー
料金:一般 当日4,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今