ニュース

山形のロックフェス『Do it 2008』に第6弾出演者発表、鳥肌実、54-71、KARENなど5組

山形の映画館跡地で9月13日(土)、14日(日)に開催されるロックフェス『Do it 2008』の第6弾追加アーティストが発表された。

今回追加されたのは、鳥肌実、54-71、KAREN、ドラびでお、the telephonesの6組。

本日7月5日からチケットの一般発売もスタート。先行発売で売り切れになっていた2日通し券も購入可能となっている。なお、7月15日には日割りのスケジュール、アーティストの更なる追加発表が予定されている。

『Do it 2008』
2008年9月13日(土)、14日(日)OPEN 11:00 / START 12:00
会場:シネマ旭跡地(山形・七日町)
出演:
54-71
about me
accidents in too large field
akutagawa
bed
bloodthirsty butchers
btbb
climb the mind
coal
colorfast
clean of core
DE DE MOUSE
deepslauter
Discharming man
doddodo
ドラびでお
endakadoruyasu
endzweck
fluid
ギリギリBOYZ
hokousya
hununhum
KAREN
Limited express(has gone?)
lite
lostage
マヒルノ
MASS OF THE FERMENTING DREGS
METROId
miaou
mod lung
moools
MO'SOME TONEBENDER
猫ひろし
nemo
nhhmbase
ogre you asshole
PANIC SMILE
Qurage
Qomolangma Tomato
Rise and Fall
SHIFT
SIKA SIKA
少年ナイフ
曽我部恵一BAND
T.G Atlas
The Shuwa
The Sun
the telephones
TIALA
to overflow evidence
toe
toddle
鳥肌実
uhnellys
ワッツーシゾンビ
what ever film
WRENCH
yolz in the sky
yomoya
Z

料金:
1日券 前売3,000円 当日3,500円(両日とも)
2日間通し券:5,500円(枚数限定)
チケット発売:7月5日発売

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像