ニュース

吉祥寺のスペース「A-things」にて、西原功織『地図と指紋』展

吉祥寺駅から徒歩で5分ほど、ビンテージ・ファブリックを扱う「A-materials」と併設された「A-things」は、密度の濃いレクチャーや質の高い展示によって知られるギャラリー・スペースだ。同スペースにて今、西原功織による「地図と指紋」展が開催している。

4月にスタートした同展は、多岐にわたった西原の作品群を4つのセクションに分け、それらを約2ヶ月毎に変えながら12月まで継続される予定だ。

「地図シリーズ」とされた第1展示では、さまざな色の筆跡が走る紙のピースが数十枚整然と壁一面に並べられ、そこに視点の定まらないめまいのするような「光景」が浮かび上がらせていた。

「線を描く=色を描く?」ことをめぐる原理的な問いを発動させつつ、「地図」といったレイヤーをも用意する同展は多様というより多層的な意味の明滅の中に鑑賞者を誘い込む。現在を含め、今後「紙の仕事」「指紋シリーズ」「横断的セレクション」と展開する中で、その厚みはさらに増していくだろう。

また会場ではそれぞれの展示交換に合わせて、美術史家・林道郎氏の西原作品をめぐる文章が配布される。そちらも合わせて注目したい。

『地図と指紋』
2008年4月16日~12月12日 各期2ヶ月程度の展示を予定
会場:A-things(東京・吉祥寺)
時間:13:00~19:00
定休:月・火曜
1.地図シリーズ 4月16日~6月15日(終了)
2.紙の仕事 6月18日~8月10日
3.指紋シリーズ 8月13日~10月12日
4.横断的セレクション 10月15日~12月12日
企画構成:広川マチ子
作品:西原功織
テキスト:林道郎

(画像:A-thingsウェブサイトより転載)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像