ニュース

【プレゼント】ベストセラー『荒野へ』をショーン・ペンが映画化、優秀な若者が22歳でとげた謎の死とは

アカデミー賞にも輝いた名優、ショーン・ペンによる監督作品『イントゥ・ザ・ワイルド』が、9月6日(土)よりシャンテシネ(東京・日比谷)、テアトルタイムズスクエア(東京・新宿)他、全国で公開される。

本作はアメリカ最北部アラスカ州の荒野で謎の死を遂げた若者の姿を追ったノンフィクション作品『荒野へ』が原作となっている。その衝撃的な内容に心を揺さぶられ、同書をむさぼるように読破したというショーン・ペンが、並々ならぬ情熱で映画化権獲得に10年を費やし、完成させたのが本作である。

東海岸の裕福な家庭で育ち、優秀な成績で大学を卒業、人生のエリートコースを約束されていた若者、クリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)は、ある日突然すべてを捨てて旅立ち、2年間のさすらいの果てに、アラスカの地で早すぎる人生の最期を迎える。世間から見れば恵まれた境遇の青年が、なぜこのような悲惨な最期を遂げることになったのか?アラスカの銀世界で彼を待ち受けていたものとはなんだったのか?

ショーン・ペンはクリスの旅の軌跡を追体験するかのように、実際に彼が足を踏み入れたアメリカ各地の険しい大自然にカメラを持ち込み、壮大なスケールの映像世界を紡ぎ上げた。長編映画としては2001年の『プレッジ』以来、実に6年ぶりともなる待望の新作。映画作家ペンの成熟と新たな境地を感じさせる作品の仕上がりに、最高傑作との呼び声も高い。

CINRA.NETでは、8月29日(金)に新宿明治安田生命ホールで行われる『イントゥ・ザ・ワイルド』試写会の招待券を5組10名様にプレゼントします!
※プレゼントの応募は終了いたしました。
お問い合わせページより、件名を「イントゥ・ザ・ワイルド招待券応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2008年8月21日(木))。

『イントゥ・ザ・ワイルド』
2008年9月6日(土)シャンテシネ、テアトルタイムズスクエア他全国ロードショー
脚本・監督・プロデューサー:ショーン・ペン
原作:「荒野へ」ジョン・クラカワー(集英社刊)  
出演:
エミール・ハーシュ
ハル・ホルブルック
キャサリン・キーナー
ウィリアム・ハート
ヴィンス・ヴォーン

2007年/アメリカ/カラー/148分/
配給:スタイルジャム

(画像:© MMVII by RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION.All Rights Reserved.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)