ニュース

DJ BAKUなどのアートワークを手がけるペインター、SHOHEI TAKASAKI個展

クリエイティブスタジオ「ANSWR」がプロデュースするセレクトショップ「Revelations/(レベレーションズ/)」にて、10月3日(金)からアートディレクター・ペインターとして都内を中心に活躍するSHOHEI TAKASAKIの個展『BOZO at Revelations/』が、開催される。

SHOHEI TAKASAKIは自身のパーソナルな作品をはじめ、これまでに数多くの音楽パッケージを中心にディレクションを担当しており、WASHIO TOMOYUKIとのユニット"DARK FUNK SPOT"としても活動。この春に発売されたDJ BAKUのアルバム『DHARMA DANCE』のアートワークでは、ビジュアルとサウンドとの共鳴によって、見るものに印象を残す作品を生み出している。

同展では彼のプライベートシリーズである「人間が死んでしまった後の姿」という意味をもつ「BOZO SKELTON(ボゾスケルトン)」の本来のテーマである、「自由に精一杯生きようとする人間の姿」に「洋服」というカテゴリーを追加、限定することで生まれた新作を発表。

作品では洋服の世界でも愛用されてきたシルクスクリーンを多用しており、今期Revelations/のテーマでもある「America」というワードを、「大量生産/ 大量消費」というワードに置き換え、表現しており、人間がもともと持っていた、当たり前の感情を取り戻せと唄っている死者の物語が描かれている。

SHOHEI TAKASAKI
『BOZO at Revelations/』
2008年10月3日(金)~12月9日(火)12:00~20:00
会場:Revelations/ (東京・原宿)
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと