ニュース

バトルズIAN Williamsが在籍したカルト・マス・ロックバンド、ドン・キャバレロ来日

ブレイク前にThe Mars Volta(マーズ・ボルタ)のサポートで日本に来日し、現在はWarp(ワープ)と契約するなど、ポスト・ロック、マス・ロックムーヴメントを牽引するバンドに成長したBATTLES(バトルズ)。そのバトルズのメンバーIan Williams(イアン・ウィリアムス)が過去に在籍したバンドDON CABALLERO(ドン・キャバレロ)が2009年1月20、21日と2日に渡り来日することが決定した。

ドン・キャバレロは1991年にピッツバーグで結成されたマス・ロック・バンド。92年にイアン・ウィリアムスがセカンド・ギタリストとして加入し、2000年に脱退するまでに5枚のアルバムは発表した。中でも2000年にリリースされた『American Don』はマス・ロックの名盤の一つとして知られている。その後、活動休止とメンバーチェンジを繰り返し2008年8月20日にRelapseより新作『Punkgasm』をリリース。変拍子を多用した、いわゆるグルーヴとは違った意味でのタイトでポリリズミックなグルーヴを感じさせる仕上りとなっている。今回の来日での新曲披露が気になるところだ。なお、現行メンバーは前回の来日より一人少ないDamon Che (Dr)、Gene Doyle (G)、Jason Jouver (B)のトリオ編成となっている。

2009年1月20日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:Shibuya CLUB QUATTRO (渋谷)
出演:ドン・キャバレロ
料金:前売5,000円 (adv.with 1drink)

2009年1月21日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:Shinsaibashi CLUB QUATTRO (心斎橋)
出演:ドン・キャバレロ
料金:前売5,000円 (adv.with 1drink)

ドン・キャバレロ
『Punkgasm』
2008年8月20日(水)発売
価格:2,100円(税込)
B001B0IPG4 Relapse Japan

1. Loudest Shop Vac in the World
2. Irrespective Dick Area
3. Bulk Eye
4. Shit Kids Galore
5. Celestial Dusty Groove
6. Pour You into the Rug
7. Challenge Jets
8. Lord Krepelka
9. Why Is the Couch Always Wet?
10. Slaughbaughs' Ought Not Own Dog Data
11. Dirty Looks
12. Who's a Puppy Cat
13. Awe Man That's Jive Skip
14. Punkgasm

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施