ニュース

ニブロールの5つのジャンルと舞台を用意した新作公演・展示『スモール・アイランド』

ダンスを中心に映像、音楽、美術、衣装、照明、ジャーナリズムなどの各分野で活躍するアーティストが集結したディレクターズカンパニー「ニブロール」が、11月19日より24日まで横浜ZAIMにて新作公演・展示『スモール・アイランド』を行う。

『スモール・アイランド』は、ニブロールのメンバーそれぞれが担当する表現メディアごとに制作、展示する5つの小部屋を舞台にした新しいタイプの公演。5つの部屋は、ダンス、映像、照明、音楽、ファションに分けられ、様々なジャンルの表現を楽しむことができる。

今年1月に大舞台、世田谷パブリックシアターで10周年記念公演を行ったニブロールが次なる10年に向けて開催する本公演。劇場空間から離れ、横浜トリエンナーレ開催期間に合わせ美術的なアプローチも取り入れた新しい時空間を創出する実験的・野心的な試みとなっている。

ニブロール 新作公演・展示
『スモール・アイランド』
2008年11月19日(水)~21日(金)START 20:00
2008年11月22日(土)~24日(月・祝)START 14:00 / 19:30
会場:横浜創造界隈ZAIM
※各回スタート時間より前半30分は展示+パフォーマンス、後半30分はダンス公演をご覧頂きます。
※各回スタート時間に遅れたお客様は、前半の上演がご覧いただけない場合がございます。(各回定員60名)

展示開催時間:
平日 11:00~19:00
週末・祝日 11:00~13:00、15:00~18:30
※展示時間中のパフォーマンスはございません
料金:入場無料

ダンサー:
カスヤマリコ
黒田杏菜
橋本規靖
福島彩子
藤原治
ボディポエット・カズマ・グレン

振付・演出:矢内原美邦
映像:高橋啓祐
衣装:矢内原充志
音楽:スカンク
照明:滝之入海
美術:久野啓太郎
制作:伊藤剛

料金:前売3,000円 当日3,200円 学生2,500円
チケット発売:10月4日(土)
チケット取り扱い:プリコグ
※チケット記載の整理番号順に入場
※チケットは、本作品の「公演」にご入場いただく際に必要になります。(「展示」のみは無料)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材