ニュース

ニブロールの5つのジャンルと舞台を用意した新作公演・展示『スモール・アイランド』

ダンスを中心に映像、音楽、美術、衣装、照明、ジャーナリズムなどの各分野で活躍するアーティストが集結したディレクターズカンパニー「ニブロール」が、11月19日より24日まで横浜ZAIMにて新作公演・展示『スモール・アイランド』を行う。

『スモール・アイランド』は、ニブロールのメンバーそれぞれが担当する表現メディアごとに制作、展示する5つの小部屋を舞台にした新しいタイプの公演。5つの部屋は、ダンス、映像、照明、音楽、ファションに分けられ、様々なジャンルの表現を楽しむことができる。

今年1月に大舞台、世田谷パブリックシアターで10周年記念公演を行ったニブロールが次なる10年に向けて開催する本公演。劇場空間から離れ、横浜トリエンナーレ開催期間に合わせ美術的なアプローチも取り入れた新しい時空間を創出する実験的・野心的な試みとなっている。

ニブロール 新作公演・展示
『スモール・アイランド』
2008年11月19日(水)~21日(金)START 20:00
2008年11月22日(土)~24日(月・祝)START 14:00 / 19:30
会場:横浜創造界隈ZAIM
※各回スタート時間より前半30分は展示+パフォーマンス、後半30分はダンス公演をご覧頂きます。
※各回スタート時間に遅れたお客様は、前半の上演がご覧いただけない場合がございます。(各回定員60名)

展示開催時間:
平日 11:00~19:00
週末・祝日 11:00~13:00、15:00~18:30
※展示時間中のパフォーマンスはございません
料金:入場無料

ダンサー:
カスヤマリコ
黒田杏菜
橋本規靖
福島彩子
藤原治
ボディポエット・カズマ・グレン

振付・演出:矢内原美邦
映像:高橋啓祐
衣装:矢内原充志
音楽:スカンク
照明:滝之入海
美術:久野啓太郎
制作:伊藤剛

料金:前売3,000円 当日3,200円 学生2,500円
チケット発売:10月4日(土)
チケット取り扱い:プリコグ
※チケット記載の整理番号順に入場
※チケットは、本作品の「公演」にご入場いただく際に必要になります。(「展示」のみは無料)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図