ニュース

ウガンダの現実と子供たちの未来、音楽と踊りで希望を取り戻すまでのドキュメンタリー

紛争ですべてを失ったウガンダの子供たちが、音楽と踊りで希望を取り戻すまでの奇跡を描いたドキュメンタリー映画『ウォー・ダンス/響け僕らの鼓動』が、11月1日(土)より、東京都写真美術館、アップリンク他全国で順次ロードショーされる。

年に一度行われる全国音楽大会に、紛争地域にあるキャンプ内の学校の出場が認められたのはウガンダ史上初めて。優勝を目指して、生徒と教師による猛練習が始まるのだが、ドミニク、ナンシー、ローズはそこで見せる真剣な眼差しや笑顔とは裏腹に、あまりにも悲惨な事実を背負っているのだった…。

音楽を通して辛い過去を忘れ、新たな希望を見出していく姿を、カメラは丹念に追っていく。自らの言葉で語られる彼らの体験はあまりにむごいが、ときおり見せる輝く瞳は、明るい未来に満ち溢れている。

音楽と踊りという根源的なものに突き動かされる人間のエネルギーを本作からは感じ取ることができるし、またウガンダという国、ひいては世界の暗部をも垣間みることのできる貴重なフィルムであることは、紛れもない事実だ。

『ウォー・ダンス/響け僕らの鼓動』

2008年11月1日(土)より、東京都写真美術館、アップリンク他全国順次ロードショー

監督:ショーン・ファイン&アンドレア・ニックス・ファイン
プロデューサー:アルビー・ヘクト
製作総指揮:スーザン・マックローリー
音楽監修:ジョージ・アコグニー
音楽:アッシュ・アンド・スペンサー
撮影:ショーン・ファイン

キャスト:
ドミニク
ローズ
ナンシー

2007年/アメリカ/カラー/107分/
配給:IMAGICA TV

(画像:© 2006 Shine Global, Inc. All rights reserved.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年