ニュース

宮崎あおいの主演のパンクロックコメディ、監督は4年ぶりとなるクドカンこと宮藤官九郎

宮崎あおい主演のパンクロックコメディ映画『少年メリケンサック』が、2009年2月14日(土)から公開される。

レコード会社の新人発掘部門のかんなは、動画サイトに投稿されたパンクバンド、少年メリケンサックを発見し、すっかり釘付けに。さっそく凶悪な絶叫パフォーマンスのイケメンギタリストバンドと契約するため足を運ぶかんな。しかし、そこ居たのはイケメン青年どころか、昼間から酔っ払った50歳すぎのオッサンたち。なんと動画サイトに投稿されていたのは25年前のライブ映像だった。そんな事実は露知らず、ネット上での人気はさらに白熱。全国ライブツアーまで次々と決まってしまい、このままメンバーが登場したら暴動は必死の事態に...。

『真夜中の弥次さん喜多さん』以来、4年ぶりの作品となるクドカンこと宮藤官九郎が監督。脚本もクドカンのオリジナルストーリーだ。出演は宮崎あおいに加え、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、ピエール滝など個性溢れる面々が集合。

なお、主題歌は銀杏BOYZの“ニューヨークマラソン”、エンディングテーマには松任谷由実の楽曲“守ってあげたい”を、向井秀徳と峯田和伸が「ねらわれた学園」名義でアコースティックカバーするという音楽陣も豪華な作品だ。

『少年メリケンサック』

2009年2月14日(土)全国ロードショー
監督・脚本:宮藤官九郎

キャスト:
宮崎あおい
佐藤浩市
木村祐一
田口トモロヲ
三宅弘城
ユースケ・サンタマリア
勝地涼
ピエール瀧

(画像:© 2009「少年メリケンサック」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー