ニュース

宮崎あおいの主演のパンクロックコメディ、監督は4年ぶりとなるクドカンこと宮藤官九郎

宮崎あおい主演のパンクロックコメディ映画『少年メリケンサック』が、2009年2月14日(土)から公開される。

レコード会社の新人発掘部門のかんなは、動画サイトに投稿されたパンクバンド、少年メリケンサックを発見し、すっかり釘付けに。さっそく凶悪な絶叫パフォーマンスのイケメンギタリストバンドと契約するため足を運ぶかんな。しかし、そこ居たのはイケメン青年どころか、昼間から酔っ払った50歳すぎのオッサンたち。なんと動画サイトに投稿されていたのは25年前のライブ映像だった。そんな事実は露知らず、ネット上での人気はさらに白熱。全国ライブツアーまで次々と決まってしまい、このままメンバーが登場したら暴動は必死の事態に...。

『真夜中の弥次さん喜多さん』以来、4年ぶりの作品となるクドカンこと宮藤官九郎が監督。脚本もクドカンのオリジナルストーリーだ。出演は宮崎あおいに加え、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、ピエール滝など個性溢れる面々が集合。

なお、主題歌は銀杏BOYZの“ニューヨークマラソン”、エンディングテーマには松任谷由実の楽曲“守ってあげたい”を、向井秀徳と峯田和伸が「ねらわれた学園」名義でアコースティックカバーするという音楽陣も豪華な作品だ。

『少年メリケンサック』

2009年2月14日(土)全国ロードショー
監督・脚本:宮藤官九郎

キャスト:
宮崎あおい
佐藤浩市
木村祐一
田口トモロヲ
三宅弘城
ユースケ・サンタマリア
勝地涼
ピエール瀧

(画像:© 2009「少年メリケンサック」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像