ニュース

大橋可也&ダンサーズ新作公演『帝国、エアリアル』は伊東篤宏が音楽を担当、関連イベントも開催

大橋可也&ダンサーズが『帝国、エアリアル』を2008年12月28日(日)に「生きづらさを感じるあなたたちへ。身体、社会、日本をえぐる」とのキャッチフレーズのもと、新作公演を行う。

大橋可也&ダンサーズはハードコアダンスを提唱し、「ダンスとは何か」という根本的な問いかけに立ち向かうことを、その活動の主題としているダンスカンパニーであり、今年の公演『明晰の鎖』やDIRECT CONTACT 2で上演された『Black Swan』などでは、その空間と身体とを真っ向から対峙していた。

今回の公演ではBLIND EMISSION a.k.a. 伊東篤宏(OPTRON、electronics、metal junk、etc) featuring HIKO(drums、percussion、etc) が参加しており、音楽も興味深い公演になりそうだ。

彼らのチケット販売方法は少し特殊であり、「格差社会を芸術にとっても重要な課題と考えている」ため3種類の料金設定によってチケットを販売している。

チケットAは20,000円(お金に余裕があるので作品に貢献したい人向け)、チケットBは3,000円(前売)/4000円(当日)(普通に作品を見たい人向け)、チケットCは0円(前売)(お金に余裕がないが、どうしても作品を見る必要がある人向け)。

チケットA,Bはチケットぴあ、イープラス、JCDNダンスリザーブで購入できるが、チケットCは事前に申し込みが必要だ。詳細末尾に記してあるので、どうしても作品を見る必要がある人は申し込むべきだろう。

なお、12月9日(火)には、渋谷の青い部屋にて、プレイベント『帝国ナイト』を開催。出演には大橋可也&ダンサーズをはじめ、批評家の木村覚らによるトーク、大谷能生らによるライブも行われる。

『帝国ナイト』
音楽×トーク×パフォーマンスによる「帝国、エアリアル」決起集会

2008年12月9日(火)19:00~23:00
会場:青い部屋(東京・渋谷)

ライブ:
hoof:舩橋陽(saxophone)+大谷能生(saxophone)+大島輝之(guitar)+服部正嗣(drums)
PLUGDEAD:DeAthAnovA(drums)+野本直輝(analog syn)
伊東篤宏(OPTRON)+HIKO(drums)
志人(降神)

トーク:
浅尾大輔(作家・超左翼マガジン「ロスジェネ」編集長)
大澤信亮(批評家・超左翼マガジン「ロスジェネ」編集委員)
木村覚(美学・ダンス批評)
大橋可也

パフォーマンス:
大橋可也&ダンサーズ

料金:2,000円(+ドリンクオーダー)
問い合わせ:大橋可也&ダンサーズ

大橋可也&ダンサーズ新作公演
『帝国、エアリアル』

200年12月28日(日)15:00 / 18:00 の2公演(開場は開演の30分前)
会場:新国立劇場 小劇場(東京・初台)

出演:
江夏令奈
垣内友香里
皆木正純
前田尚子
多田汐里
とまるながこ
いとうみえ
中川敬文
山田歩
坂間真実
山下靖夫
石井則仁
後藤剛範
目黒大路

音楽:
BLIND EMISSION a.k.a. 伊東篤宏(OPTRON, electronics, metal junk, etc) featuring HIKO(drums, percussion, etc)

料金:
チケットA20,000円(前売のみ)※作品に貢献したい方向け
チケットB:3,000円(前売のみ)4,000円(当日)
チケットC:0円(前売のみ)

チケットC申し込み方法:
下記申し込み先まで以下の内容を往復はがきで送付のこと。
[名前、住所、電話番号、メールアドレス、希望日時、私は何故に大橋可也&ダンサーズの作品を無料で見る必要があるのか(書式自由)]

申込先:
〒135-0047
東京都江東区富岡2-7-9 矢野第五ビル301
大橋可也&ダンサーズチケットC係
〆切:2008年12月20日(消印有効)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像