ニュース

写真家・石川直樹が渾身の写真集『VERNACULAR』、『Mt. FUJI』を刊行、トークショーも

開高健ノンフィクション賞受賞も記憶に新しい写真家の石川直樹が、2冊の写真集『VERNACULAR』(赤々舎)、『Mt. FUJI』(リトルモア)を2008年12月に刊行する。

石川は七大陸最高峰登頂の記録を持つことなどから冒険家として語られることも多いが、近年は精力的に写真作品を発表している。2007年の写真集『NEW DIMENSION』、『POLAR』では今年の日本写真協会新人賞を受賞した。

そんな石川の待望の最新写真集『VERNACULAR』は、世界各所の「ヴァナキュラー建築」と呼ばれる家とそこに暮らす人々の姿をとらえており、そこから消えつつある固有の風土が浮かび上がる。

『Mt. FUJI』は、美的シンボルとしてのイメージが強い富士山を、眺める山ではなく登る山としてとらえ直した写真を収録している。七大陸最高峰を登るためのトレーニングなどで慣れ親しんで来た石川ならではの視点で新たな富士の顔が見えてくる。

なお、『VERNACULAR』の刊行を記念したトークショーが12月22日に青山ブックセンター本店で開催される。現在予約を受付中。

石川直樹『VERNACULAR』、エリック『中国好運』(赤々舎)刊行記念トークショー
石川直樹×エリック

2008年12月22日(月)19:00~20:30(開場18:30~)+サイン会
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山

定員:120名
料金:500円(税込) 電話予約の上、当日精算

※トーク後サイン会を予定

電話予約・問い合わせ:青山ブックセンター本店 03-5485-5511

『VERNACULAR』

2008年12月発売
発行:赤々舎

『Mt. FUJI』

2008年12月発売
発行:リトルモア

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今