ニュース

名作映画へのオマージュ? アレックス・コックス最新作『サーチャーズ2.0』は荒野の復讐劇

『シド・アンド・ナンシー』『レポマン』などのパンキッシュでカルト的な作品で知られるアレックス・コックスの最新作『サーチャーズ2.0』が、1月10日(土)から公開される。

インディペンデントで自由な実験精神にこだわり続けるアレックス・コックスと、「B級映画の帝王」ロジャー・コーマンとが手を組んだ本作。彼らが愛する数々の映画にオマージュを捧げるという大義名分の元に、ハリウッド映画産業からアメリカ社会までをも痛烈に批判する、痛快な荒野の復讐劇だ。

ストーリーは、子役時代に残虐な脚本家に虐待されたトラウマをもつB級西部劇の2人の中年役者が、ロサンジェルスからアリゾナの荒野へと復讐の旅に出るというもの。驚愕のラストシーンは、名匠ジョン・フォード監督の映画『捜索者(原題 : The Searchers)』で有名なロケ地「モニュメント・バレー」で繰り広げられ、『続・夕陽のガンマン』を彷彿とさせつつも全く異なる、映画史上最狂の死闘へと発展していく…。

モニュメント・バレーの対決のシーンは、「マカロニ・ウエスタン」の影響を受けたものとなっている。これは、コックス自身が関心を持つイラク戦争への政治的メッセージを伝えたかったためでもあった。観客を楽しませつつも、そういった問題を織り込むコックスのこだわり映画が完成した。

『サーチャーズ2.0』

2009年1月10日(土)より、渋谷アップリンクX、吉祥寺バウスシアター、横浜ジャック&ベティにてロードショー

監督・脚本・編集:アレックス・コックス

音楽:ダン・ウール

キャスト:
デル・ザモーラ
エド・パンシューロ
ジャクリン・ジョネット
サイ・リチャードソン
ザン・マクラ―ノン

配給・宣伝:アップリンク

(画像:©2007 COWBOY OUTFIT, LLC PRODUCTION)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く