掛け軸に映し出されるモノトーンの風景、自然や生命の荘厳さを表現する若手作家・水野勝規

自然の風景をモノトーンの映像で表現する水野勝規の作品展が1月7日(水)から28日(水)まで、京橋のINAXギャラリー2で開催される。

山間の瀑布、枯れ木が林立する山頂、雲海に覆われた谷間といった7つのモノトーンの風景が、掛け軸のような縦長のスクリーンに映し出される。映像には動きがなく、一見スチール写真のようにも見える。しかしじっと見ていると、そこには自然のドラマが無数に息づいていることに気づかされる。

今回はすべてモノトーンの作品となっており、透き通るような黒や、真綿のような質感の白、時に青やピンクを反射しているかのように輝くグレーなど、白と黒が織りなす階調の美しさも見所の一つだ。

水野は2008年に大学院を修了したばかりの若手作家で、これまで水面をモチーフにした作品などで注目を集めている。自然や生命、森羅万象への畏怖のような荘厳さが漂う映像作品を、年の初めに堪能してほしい。

水野勝規展
『―グレースケール・ランドスケープ―』

2009年1月7日(水)~1月28日(水)10:00~18:00

会場:INAXギャラリー2(東京・京橋)
休館日:日曜・祝日
料金:無料

アーティスト・トーク

2009年1月7日(水) 18:00~19:00

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 掛け軸に映し出されるモノトーンの風景、自然や生命の荘厳さを表現する若手作家・水野勝規

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて