5月開催の『第八回文学フリマ』が出展者の申込みを開始、会場も秋葉原から蒲田へ

5月10日(日)に開催される『第八回文学フリマ』の出店者の申込みが開始された。今回から会場を秋葉原から移し、蒲田の「大田区産業プラザPiO」で開催となる。

『文学フリマ』とは、プロとアマの隔たりなく、書き手と読み手が直接交流できるイベント。ここでしか入手できない貴重なミニコミの存在や、著名作家が変名で参加することもあり、毎回人気を集めている。昨年11月に開催された『第7回文学フリマ』には講談社のゼロアカ道場も出展しており、人も通れないほどの熱気だったという。今回の会場変更で、スペースが広くなり出展者への門戸も広くなったといえるだろう。

CINRA MAGAZINE vol.17ではインディペンデントマガジンを特集したが、その多くも過去にこの『文学フリマ』に参加している。参加を検討している人は、早めに申し込もう。

『第八回文学フリマ』

2009年5月10日(日)11:00~16:00
会場:大田区産業プラザPiO(東京・蒲田)
出店参加費:4,000円(追加イス+500円)
※出店申込みの詳細は公式サイトを参照

  • HOME
  • Book
  • 5月開催の『第八回文学フリマ』が出展者の申込みを開始、会場も秋葉原から蒲田へ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて