元「赤犬」の和歌頭アキラこと松本章、直感映画レビューを連載開始

大阪で結成された大所帯バンド「赤犬」から脱退した和歌頭アキラこと松本章が、映画コラム『映画の愛に☆直感』をカルチャーポータルサイトwebDICEでスタートさせた。

このコーナーは『ノン子36歳(家事手伝い)』の熊切和嘉監督や、山下敦弘監督の映画音楽を手がけ、映画を深く愛する松本が映画への愛をぶつけるべく、ハリウッド映画からインディーズ作品まで縦横無尽に「直感レビュー」で紹介する連載企画。

第1回目となる今回は、活弁映画監督の山田広野が手掛けた初の長編映画『バサラ人間』のレビューを掲載。情景を語るような独特な言い回しから、松本の映画への愛を感じることができるだろう。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 元「赤犬」の和歌頭アキラこと松本章、直感映画レビューを連載開始

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて