JOHN OF ARCから10thアルバム『FLOWERS』、昨年度の東京公演収録DVDも同時リリース

ポストロックシーンの先駆的存在として知られる、ティム・キンセラ率いるバンド「JOAN OF ARC(ジョーン・オブ・アーク)」が、通算10作目となるオリジナルアルバム『FLOWERS』を6月3日にリリースする。

1996年の始動以来、アルバム、EP、ライブ盤のリリースや、別ユニットやソロ活動を含めると、これまでに50枚以上の作品を生み出し続けてきたティム。近年における映像作品の制作や、大学での文学専攻など、音楽活動にとどまることのない、幅広い表現領域を総括した形での最新作となる。

ツアーや学業の合間を縫って製作された本作は、痛々しいほどにエモーショナルだった前作に比べ、さらに人生を俯瞰し見つめる視線が提示された、穏やかで、かつ大胆な作品に仕上がっている。

また同時に、昨年度の東京公演を完全収録したライブDVD『LIVE IN TOKYO』もリリース予定。こちらも合わせて、JOAN OF ARCの現在形を確認したい。

JOAN OF ARC
『FLOWERS』(国内盤)

2009年6月3日発売
価格:2,300円(税込)
& records YOUTH-076

1. Fogbow
2. The Garden Of Cartoon Explamations
3. Flowers
4. Fasting
5. Explain Yourselves #2
6. Tsunshine
7. Delicious Herbal Laxative
8. Explain Yourselves #1
9. Table Of The Laments
10. Fable Of The Elements
11. The Seeds From Which Tornadoes Blossom
12. Life Sentence / Twisted Ladder
13. The Sun Rose
14. My Summerlong High Wipeout
15. The Surrender
16. Man Needs A Maid

amazonで購入する

JOAN OF ARC
『Something Must Break Vol.1: Live In Tokyo July 4, 2008 』(DVD)

2009年6月3日発売
価格:3,500円(税込)
& records YOUTH-077

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • JOHN OF ARCから10thアルバム『FLOWERS』、昨年度の東京公演収録DVDも同時リリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて