写真家・梅川良満と坂口恭平が語る「0円ハウス」とは

古書、同人誌などを扱いながら、カルチャーと密接な活動を行う吉祥寺の「バサラブックス」が主催するトークイベント『動物大集会vol2.5 ロビンソンの箱庭』が6月13日に開催される。会場は高円寺の素人の乱12号店。

トークショーには、カルチャー誌、CD、広告の写真撮影から、CDのアートディレクション、PV監督まで手がける写真家・梅川良満と、日本の路上生活者の住居を収めた写真集『0円ハウス』の著者として知られる建築家の坂口恭平が登場。

梅川が撮影した坂口の多摩川生活の写真とともに、国内はもちろん海外から評価されている2人に、今の日本のアートについて語ってもらう予定となっている。

『バサラブックス主催 動物大集会vol2.5 ロビンソンの箱庭』

2009年6月13日(土)
会場:高円寺 素人の乱12号店
時間:15:00~17:00

出演:
梅川良満(写真家)
坂口恭平(作家・建築探検家)
司会:九龍ジョー(ライター・編集者)

料金:500円
定員:30名
問い合わせ・予約:バサラブックス 0422-47-3764(月曜定休 13:00~23:30)、basara-books@nifty.com(要名前・人数)

  • HOME
  • Art,Design
  • 写真家・梅川良満と坂口恭平が語る「0円ハウス」とは

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて