多彩仲間と作り上げた、エリーニョ初ソロアルバム『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的』

バンド「獏」「The 606」のボーカル、小説『サンドボックス』の執筆など幅広い活動を行ってきたシンガーソングライター、エリーニョ初のソロアルバム『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的』が10月7日にリリースされる。

本アルバムは、「2009年を生きるとある若者の1日」をストーリー仕立てにした私小説的1枚。彼女の個性的な歌声や、多彩な要素を持つ楽曲を存分に堪能出来るだろう。

同アルバムは、ライブ活動も共に行う「The Sweetest Friends」のメンバーと制作。HEADZ/WEATHERよりリリースされたアルバムも好評なANIMAの小島ケイタニーラブ、石川ユウイチをはじめ、イマダトキ(mothercoat)、コカジタカユキ(ex.サキノハカ、chamois、Darling Darling)、田口史朗(puff noide)など多彩な面々が顔を揃え、PVはYasufumi Fujii(number0)が手がけている。

※タイトルに一部誤りがございました。訂正してお詫びいたします。

エリーニョ
『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的』

2009年10月7日発売
価格:2,145円(税込)
"T"RUST OVER 30 recordings DQC-335

1. ポケットライフ
2. タイムキャンディ
3. 風鈴涼日
4. AI
5. ごめんね
6. 小さい花
7. 大丈夫
8. 靴下タンス
9. Daily Lives
10. ポケットライフ piano ver.(ボーナストラック)

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • 多彩仲間と作り上げた、エリーニョ初ソロアルバム『ヒヨコと猫の鳴いた、ココにある日常的』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて