鉄割アルバトロスケットの新作が11月に上演、主宰・戌井の芥川賞候補作『まずいスープ』も刊行

鉄割アルバトロスケットの新作公演『鉄割のアルバトロ助・リトルオーライ』が、11月12日から11月16日まで、下北沢ザ・スズナリにて行われる。

他に類を見ない超絶パフォーマンスが熱狂的な賛辞を集めてきたパフォーマンス集団・鉄割アルバトロスケット。彼らの芝居の特徴は、浪花節、落語、ロックンロール、ブルーズ、花電車、ジャマイカ産糞煙草、風車、太鼓などといった多種多様な要素がごちゃ混ぜに詰め込まれていることだ。今回の新作公演でも、さらに勢いを増した鉄割ワールドが繰り広げられる予定となっている。平成の世におけるもっとも傾(かぶ)いた者たちによる、圧倒的なパフォーマンスを体験するチャンスだろう。

また、主宰の戌井昭人による初の単行本であり、芥川賞候補作にもなった小説『まずいスープ』が、9月30日に新潮社より刊行予定だ。芥川賞の選考委員たちの脳髄を揺るがせた本作にも、ぜひ触れておきたいところだ。

『鉄割のアルバトロ助・リトルオーライ』

2009年11月12日(木)~11月16日(月)全7回公演
会場:下北沢ザ・スズナリ

脚本:戌井昭人
演出:牛嶋みさを
出演:
内倉憲二
奥村勲
中島朋人
中島教知
マークス雅楽子(kiiiiiii)
小林成男
伊藤麻実子
古澤裕介(ゴキブリコンビナート)
村上陽一(the BackDrops)
渡部真一(渋さ知らズ)

料金:前売2,500円 当日2,800円(全席自由席)
チケット取扱い:e+(イープラス)

『まずいスープ』

2009年9月30日発売
著者:戌井昭人
価格:1,575円(税込)
装画:束芋
発行:新潮社

amazonで購入する

  • HOME
  • Stage
  • 鉄割アルバトロスケットの新作が11月に上演、主宰・戌井の芥川賞候補作『まずいスープ』も刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて