ニュース

モダニズム建築「Glass House」などを撮影、ジェームス・ウェリングの新作写真展

ロサンゼルスを拠点に活躍しているジェームス・ウェリングの新作展『Notes on Color』が、2月5日(木)よりWAKO WORKS OF ARTにて開催される。

ウェリングは、アルミホイルやベルベットを用いた抽象的な写真や、光のグラデーションで見せるフォトグラムなど多様な作品を30年以上にわたり発表してきた。アナログかデジタルか、カメラを使用するかしないかということよりも、光、影、時間をコントロールすることに重点を置いた実験的なアプローチを続けている作家だ。

本展で発表する「Glass House」シリーズでは、約60年前に建てられたモダニズム建築の巨匠フィリップ・ジョンソンの邸宅(ガラスの家)を撮影。カラーフィルターによる鮮やかな色彩やレンズフレアで強調された陽光が、一時的にフィルムに定着され、名建築の新たな表情を浮かび上がらせている。「Quadrilaterals(四角形)」シリーズでは、はじめてグラフィックソフト(MAYA)を使用。スキャニングした90種のボール紙をランダムに再構築し、画面上で陰影を加え、繊細な立体感を作り出している。

いずれのシリーズも、作品のなかで幾重にも交差する光や時間が、私たちの意識を被写体そのものから、その背後に存在する目に見えないものへと導いていく。「写真とは何か」を問い続け、光で描くということの可能性を一貫して追求するウェリングの世界をぜひ味わいたい。

ジェームス・ウェリング
『Notes on Color』

2009年2月5日(木)~3月14日(土)
時間:11:00~19:00
会場:WAKO WORKS OF ART(東京・西新宿)
休廊日:日・月・祝
料金:無料

(画像:0696 2006 Inkjet print on Museo Silver Rag paper 61x43.8cm Unique © James Welling Courtesy of Wako Works of Art)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今