ニュース

洗剤や生ごみを用いた「掃除」の展覧会、『岩井優 展 "CLEAN UP 1.2.3."』

「掃除」をキーワードにパフォーマンスやアクションに取り込んだ展覧会『岩井優 展 "CLEAN UP 1.2.3."』が、吉祥寺のArt Center Ongoingで2月1日(日)まで開催中だ。

岩井はこれまでビンやカンのリサイクルコンテナをかぐとして活用したプロジェクトなど、日常生活に干渉していく行為や行動を通した作品を数多く制作している。昨年5月にモデルハウスで行われた『The House ー現代アートの住み心地ー』では、会場の近くに住む人々の生ごみを収集して、それらを自身の作品の素材として用いるなど、観客を驚愕させる作品を発表している。

今回の展覧会では、洗剤、生ごみ、コロコロカーペットクリーナーなどの掃除用具や廃材をモチーフとして作品化。そこがギャラリーであることを忘れてしまうような空間作りを行う。

なお、会期中にはArt Center Ongoingの1周年記念パーティーや、大城真、asunaらを招いたイベントも開催される。

ヤングアグレッシブ・アスペクト vol.3
~挑発するアーティストたち~
『岩井優 展 "CLEAN UP 1.2.3."』

2009年1月21日(水)~2月1日(日)
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)
時間:12:00~21:00
定休日:月、火曜
料金:無料

『Art Center Ongoing 一周年記念パーティ』

2009年1月30日(金)19:00~23:00

『Young Aggressive Aspect総括!』

2009年1月31日(土)19:00~21:00

出演:
遠藤水城
藤井光
水川千春
岩井優
嘉藤笑子

料金:ドリンクオーダー制

『クロージング・パーティ』

2009年2月1日(日)19:00~
料金:ドリンクオーダー制

音楽イベント出演:
asuna
森(5323+田辺玄)
※投げ銭歓迎
※シークレットゲスト有
※カフェにて五味文子の手作りスコーンを販売します。(2つ300円)
※予告なく内容に変更がある場合は、ご了解ください。

(画像:本展イメージ画像)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材