ニュース

自然物と人工物の共存する風景、写真を通じて悠久なる時の流れを表現する作家・五十嵐公個展

2月7日(土)から五十嵐公の写真展『a tempo』が、東京・学芸大学のYUKARI ART CONTEMPORARYにて開催される。

五十嵐は、あらゆるものが忙しく進んでゆく現代社会の中で、それを助長するような強いメッセージではなく、見る側に想像という余白を残すシンプルなビジュアルで現実の一歩むこうにある悠久なる時の流れをとらえようとしている作家だ。

同展タイトルの『a tempo』は「元の速さで」を意味する音楽用語。五十嵐は「穏やかな海で二人の少年が命を落とした」というニュースを耳にし、本展テーマを着想したという。「海」「山」といった自然物と、「防波堤」「スノーシェッド(雪崩よけ)」といった自然を制御するため人間が作り出した構造物に着目し、原始の昔から変わることのない自然と人間の活動のあり方を表現する。

なお、本日からCINRA.NETでスタートした連載コンテンツ『ポケットマネーでアートを買う!』ではYUKARI ART CONTEMPORARYを特集。五十嵐をはじめとした所属アーティストの作品が閲覧可能となっている。

五十嵐 公 個展
『a tempo』

2009年2月7日(土)~3月7日(土)
会場:YUKARI ART CONTEMPORARY(東京・学芸大学)
時間:木・金・土 11:00~19:00(水曜は事前予約制)
※最終日は17:00まで
休廊日:日・月・火

(画像:「Untitled」シリーズ'a tempo'より、2008 courtesy of YUKARI ART CONTEMPORARY)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く