ニュース

世界の音楽と独自の音楽を奏でる雑食性集合体、三田村管打団?から2ndアルバム『!!』

ファーストアルバム『!』がロングセラー中の関西が誇る「楽団・三田村管打団?」が、2月11日(水)にセカンド・アルバム『!!』を発売する。また、それに伴い2月11日(水)には京都のUrBANGUILDでワンマンライブを行う。

同楽団は女子10男子6の16人編成のほっこり系爆裂ブラスバンド。メンバーにはウリチパン郡の亀井奈穂子も参加しており、しっかりした屋台骨を持ちつつ、他のブラスバンドにはあり得ないしなやかで繊細な部分と、最上級の茶目っ気で聴衆を惹きつける。また、三田村管部隊はクラムボンの原田郁子のソロアルバム『銀河』にも参加している。

生演奏の刺激と場所の持つ磁力にこだわり続ける彼ら。その演奏は関西アンダーグラウンドを支えるエンジニア西川文章(かきつばた等)によってその空気をも丁寧に録音され、様々な場所でのファンキーな演奏とその高揚感が見事に再現されている。

今回もオリジナル曲をアルバムの核としながらライブの定番となってきた名曲の再演に加え、ブルガリア民謡、フランスのストレンジ楽団の銘品でDJ仕様としてもお馴染みの曲、そしてブラジルの魂カルトーラも演奏した世界中のカバー曲が並ぶ。ラストに三田村管打団?結成のきっかけであるバンドLIVE!LAUGH!のリーダーであり、今は亡きトロンボーン奏者大原裕の名曲“旅行”を配置するという泣ける仕上がりだ。また、ジャケットはくるりなどのCDジャケットのアートワークを多数手がける小田島等が担当。

見た目の可愛らしさに騙されちゃいけない、本物のブラスバンド・ミュージックをぜひ楽しんでみてほしい。

三田村管打団?
『!!』

2009年2月14日(土)発売
価格:2,100円(税込)
compare notes cn-0019

1. バイエルン
2. コッペパン
3. ヤマヤマ
4. キネンジロー
5. マンモス
6. アルボラーダ
7. お母さんお願い
8. 旅行

amazonで購入する

『三田村管打団?ライブ』

2009年2月11日(水)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:UrBANGUILD(京都市中京区木屋町)
料金:予約2,000円 当日2,300円(要ワンドリンク)

予約:p-hour@leto.eonet.ne.jp宛てに件名を「三田村2/11」と記入し、名前、電話番号、予約枚数のうえメール申し込み

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像