ニュース

阿部サダヲが父親役に抜擢、少年の成長を描く感動作『ぼくとママの黄色い自転車』

新堂冬樹のベストセラー小説『僕の行く道』が原作の映画『ぼくとママの黄色い自転車』が、8月22日から全国ロードショーされる。

主人公は父親の一志と二人で暮らす小学校3年生の少年、大志。大志の母・琴美はデザインの勉強中のためパリに留学しており、母から週に一度届く手紙は大志の一番の楽しみだった。

しかし、大志は夏休みのある日、ふとしたことから琴美がパリではなく、瀬戸内海の小豆島にいることを知ってしまう。どうしても母に会わなければならないと思った大志は愛犬アンとともに、母からもらった黄色い自転車で500km離れた小豆島に向かって旅に出る。

監督は『子きづねヘレン』の河野圭太。主人公の少年を『いま、会いにゆきます』の映画版、ドラマ版両作に主演した子役の武井証、父親役を阿部サダヲ、難役である母親を鈴木京香が演じる。

旅先でたくさんの人々のやさしさに触れた少年。少しだけ成長した彼は切ない真実に立ち向かうことになる。

『ぼくとママの黄色い自転車』

2009年8月22日(土)より全国ロードショー

監督:河野圭太
原作:新堂冬樹『僕の行く道』(双葉文庫/双葉社)
主題歌:さだまさし“抱きしめて”
挿入歌:真衣“YOU”

キャスト:
武井証
阿部サダヲ
西田尚美
甲本雅裕
ほっしゃん。
柄本明
鈴木砂羽
市毛良枝
鈴木京香

配給:ティ・ジョイ

(画像:©2009「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く