ニュース

20世紀を代表するデザイナーの物語『ココ・シャネル』、シャネル役にシャーリー・マクレーン

20世紀を代表する偉大なデザイナー「ココ・シャネル」の生涯を描いた映画『ココ・シャネル』が、今夏に公開される。

1954年のパリ、ファッション業界を一時的に引退した空白の15年を経て、復帰コレクションを用意したココ・シャネル。彼女のオートクチュール店にはたくさんの評論家や顧客が詰め掛けるが、期待とは裏腹にコレクションは不調に終わる。落胆するココは、孤児からお針子になり、デザイナーとしての地位を築いた日々を回想する。それはファッションへの野心と、燃えるような愛を貫いた伝説の物語だった。

1954年のシャネル役を演じるのは「ずっとシャネルのファンだった」と語るシャーリー・マクレーン。そしてお針子から、キャリアをスタートさせる若き日のシャネルをバーボラ・ボブローヴァが演じる。彼女たちのために用意された70着の衣装と、ヴィンテージの宝石やバッグの数々から、それぞれの時代のシャネルファッションも見所のひとつとなっている。

CINRA.NETでは、7月13日(月)18:00(開場18:30)からよみうりホールで行われる『ココ・シャネル』試写会に10組20名様をご招待いたします!
お問い合わせページのメールフォームより、件名を「ココ・シャネル試写会応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2009年7月3日)。

『ココ・シャネル』

2009年夏、Bunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他にて全国ロードショー

監督:クリスチャン・デュゲイ
脚本:エンリコ・メディオーリ
コスチューム・デザイナー:ピエール・イブ・ゲロー

キャスト:
シャーリー・マクレーン
バーボラ・ボブローヴァ
マルコム・マクダウェル
オリヴァー・シトリュック

(画像:©2009 ALCHEMY/PIX ALL RIGHTS RESERVED.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで