ニュース

トップアスリートとミュージシャンがモデルに登場『POWER of LIFE photo exhibition』

「POWER of LIFE」によるプロジェクト第1弾企画となる写真展が、4月23日から原宿・神宮前のTokyo Hipsters Clubで開催される。

今回の写真展にはKj(ドラゴンアッシュ)、俳優・武田真治、田中知之(Fantastic Plastic Machine)、大木伸夫(ACIDMAN)らのミュージシャンをはじめ、為末大(陸上) 、玉田圭司(サッカー)、朝原宣治(陸上) 、野村忠宏(柔道) 、大菅小百合(スピードスケート)、浦田聖子(ビーチバレー)らのトップアスリート達がモデルとして登場。彼らはプロジェクトに賛同し、ボランティアで被写体として参加している。

「POWER of LIFE」はDragon Ashのダンサー「ATSUSHI」が発起人を務め、生命の素晴らしさや尊さを表現することで人々に考えるきっかけを伝えるプロジェクト。同プロジェクトはATSUSHIが捨てられたペットのためのシェルターを訪れたことをきっかけにスタートしており、利益は「NPO法人犬と猫のためのライフボート」が運営するアニマルシェルターに寄付されるという。

『POWER of LIFE photo exhibition』

2009年4月23日(木)~2009年5月10日(日)
会場:TOKYO HIPSTERS CLUB
時間:12:00~20:00

モデル:
朝原宣治(陸上)
浦田聖子(ビーチバレー)
大菅小百合(スピードスケート)
太田雄貴(フェンシング)
落合真理(バレー)
澤穂希(サッカー)
玉田圭司(サッカー)
為末大(陸上)
野村忠宏(柔道)
松井大輔(サッカー)
湯元健一(レスリング)
大木伸夫(ACIDMAN)
金子統昭(RIZE)
Kj(Dragon Ash)
武田真治
田中知之(Fantastic Plastic Machine )
小林尊(フードファイタ―)
YAKO MIYAMOTO(STOMP)

フォトグラファー:
石坂直樹
新良太
中野幸英
四十物義輝
Leslie Kee

料金:500円以上での任意
利益は動物愛護シェルターライフボートの活動支援に全額使われます。

(画像上:MODEL:為末大 PHOTO:石坂直樹、画像下:ATSUSHI)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと