ニュース

ウミネコサウンズ、ミニアルバム『夕焼け』から新曲を無料配信

5月13日にミニアルバム『夕焼け』をリリースを控えたウミネコサウンズの新曲“夕焼け”が、iTunes Storeの無料ダウンロードコンテンツ「今週のシングル-Single of the week-」に登場。配信期間は本日4月22日から4月28日までの一週間限定となっている。

iTunes Store 今週のシングル ウミネコサウンズ“夕焼け”

ウミネコサウンズ初となる音源『夕焼け』には、今回配信されるタイトル曲“夕焼け”など5曲を収録。レコーディングはサポートメンバーに、ドラム・佐藤"コテイスイ"康一(髭 HiGE)、ベース・須藤俊明(GOMES THE HITMAN,ex. MELT-BANANA)、ギター・田辺玄(WATER WATER CAMEL)を迎えバンドサウンドに仕上がっている。

4月30日には入場無料ライブイベント『exPoP!!!!! volume25』への出演も決定しており、演奏はレコーディングと同様に佐藤"コテイスイ"康一(髭 HiGE)などを従えたバンド編成で行われる予定だ。

また、リリースに先駆けて、オフィシャルウェブサイトには特設ページも開設。“夕焼け”のミュージックビデオに加え、3月26日に行われたライブイベント『exPoP!!!!! volume24』で披露された“鳥のうた”のライブ映像も公開中。あわせて是非チェックして欲しい。

ウミネコサウンズ
『夕焼け』

2009年5月13日発売
価格:1,500円(税込)
CINRA RECORDS DQC-238

1. 夕焼け
2. あたらしい時間
3. 鳥のうた
4. 春がくるまで
5. 海岸線グルーヴィー

amazonで購入する

CINRA presents
『exPoP!!!!! volume25』

2009年4月30日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:渋谷O-nest

出演:
YOMOYA
ウミネコサウンズ
mojoco(モロコ)
シャムキャッツ

料金:無料(2ドリンク別)

チケットのご予約は以下のページで承っています
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。
PC予約 モバイル予約

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと