ニュース

溢れ出る趣向の異なる「眩しさ」、阪本勇と石川道子による写真展『眩光 -GENKO-』

吉祥寺のArt Center Ongoingにて、2人の写真家、阪本勇と石川道子による写真展『眩光 -GENKO-』が、7月12日まで開催されている。

1979年生まれの阪本は、写真家・本多元に師事する傍ら、様々な展示に出展。その作品は、胡散臭くべとついた色気と、観ることを躊躇したくなる気持ち、そしてもっと観たくなる欲求を感じさせる不思議なエネルギーに満ちている。

一方の石川は今年3月に武蔵野美術大学映像学科を卒業した1986年生まれの写真家。ユーモアに溢れ、鮮明で爽快な石川のポートレートは、人や物の鮮度を高める機能がそなわっているような魅力に溢れている。

「眩光」というタイトルは、2人の写真から溢れ出る趣向の異なる「眩しさ」から名付けられているという。これまでインスタレーション作品などを多く紹介してきた同ギャラリーの初となる本格的写真展としても注目したい。

『眩光 -GENKO-』

2009年7月1日(水)~7月12日(日)
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)
時間:12:00~21:00

出展作家:
阪本勇
石川道子

定休日:月・火
料金:無料

スペシャルトークイベント2

2009年7月11日(土)19:00~

ゲスト:西加奈子(小説家)
定員:先着30名
料金:1,000円(要予約、1ドリンク込み)

Pre Ongoing School

2009年7月12日(日)19:00~
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。お好きなケーキとお飲物
がついてきます。
定員:先着30名
料金:1,500円(ケーキとドリンク付き)

(画像上から:阪本勇『天竺はどこや!』より(2009年)、石川道子『晴天の理由』より(2008年)、石川道子『晴天の理由』より(2008年))

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで