ニュース

映画を職業とする人以外で勝手にゴダールを語るシンポジウム、佐々木敦や大谷能生も登壇

7月25日(土)の15時から20時まで、早稲田大学小野梓記念講堂で、フランスの映画監督ジャン・リュック・ゴダールについて語り合う『ゴダールシンポ! ~全く新しいゴダール~』が開催される。登壇者は、桜井圭介、大谷能生、宮沢章夫、佐々木敦の4名。

本企画は、早稲田大学文化構想学部表象メディア論系が主催するイベント。企画趣旨は、「映画を職業とする人以外で、勝手にゴダールを語ろうとする、あらゆる表現者のための、初めてのシンポジウム」とされる。ゴダールの近作『アワーミュージック』の参考上映ののち、登壇者たちによるトークが行われる予定だ。

80歳に近い今もなお、精力的に作品を発表しつづけるゴダール。「映画の神」と称されることもある彼を、映画畑ではない論者の視点から捉えなおし、新たな発見をしようとする。映画ファン以外にも開かれた、注目のイベントとなっている。

『ゴダールシンポ! ~全く新しいゴダール~』

2009年7月25日(土)
会場:早稲田大学 小野梓記念講堂

参考上映『アワーミュージック』
時間:15:00~16:30

第一部『ゴダールと音楽』
時間:16:45~18:15
講師:桜井圭介(作曲家・ダンス批評家)×大谷能生(音楽家・批評家)

第二部『ゴダール。その都市性と空間性と。』
時間:18:25~20:00
講師:宮沢章夫(遊園地再生事業団主宰・劇作家)×佐々木敦(批評家)

料金:入場無料
定員:約210名

※会場情報に誤りがございました。訂正してお詫びいたします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)