ニュース

イギリス・ウェールズ出身のロックバンドSuper Furry Animalsが約2年ぶり来日

イギリス・ウェールズ出身のロックバンドSuper Furry Animalsが、約2年ぶりとなる単独来日公演を行うことが明らかになった。

ひねくれつつも決してポップさを失わない音楽センスや、ミュージックビデオなど細部にいたるまで芸術性にこだわる姿勢で、国内でも確固たる人気を得ているSuper Furry Animals。オフィシャルサイトでの先行デジタルリリースも話題となった9枚目のオリジナルアルバム『Dark Days/Light Years』のアートワークには、グラフィックデザイナーの田名網敬一も参加している。

チケットの一般発売は9月26日からスタート。e+のプレオーダーも両公演行われる。

『Super Furry Animals Tour』

2009年11月24日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:心斎橋CLUB QUATTRO

料金:前売6,500円(1ドリンク付)
チケット一般発売日:2009年9月26日(土)
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:335-200)
ローソンチケット(Lコード:77919)
e+(プレオーダー:2009年9月15日~9月17日)
問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569

2009年11月26日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:SHIBUYA-AX

料金:前売6,500円(1Fスタンディング、2F全席指定)
チケット一般発売日:2009年9月26日(土)
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:335-255)
ローソンチケット(Lコード:51667)
e+(プレオーダー:2009年9月19日~9月21日)
問い合わせ:SMASH 03-3444-6751

(画像:Super Furry Animals『Dark Days/Light Years』)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている