ニュース

国内最大級エアターミナル・羽田を舞台に開催される大規模メディアアート展『空気の港』

年間6500万人以上が利用する国内最大級の空港・羽田を舞台に、大規模なアートエキシビション『空気の港』~テクノロジー×空気で感じる新しい世界~が、10月9日(金)より開催される。

本展では、映像や音声を効果的に用いた動的なコミュニケーションや、インタラクティブ性、リアルタイム性をあわせもった「デジタルパブリックアート」の基礎技術となる研究成果を披露。東京大学の4つの研究室とアーティスト鈴木康広が、互いに知恵と技術を駆使して作り上げた作品たちを楽しむことができる。

展示内容は、空気の存在に改めて気づく「空気の人」や、視覚の残像効果を利用したLEDの作品「出発の星座」、CO2濃度で人の活動量を量る「呼吸する空港」、離着陸する飛行機を「鳥」として表現した映像インスタレーション「木陰のスクリーン」など、空港を存分に利用した視覚・聴覚・触覚を楽しませる作品が約20点用意されている。

人々の行き交うターミナルが「空気の港」へ変容し、未来のメディアやパブリックアート、情報技術やコミュニケーションを考える機会として一躍かってくれそうだ。

Digital Public Art in Haneda Airport
『空気の港』~テクノロジー×空気で感じる新しい世界~

2009年10月9日(金)~11月3日(火)
会場:羽田空港第1、第2旅客ターミナル
時間:10:00~19:00

料金:無料
主催:東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト、日本空港ビルデング株式会社

関連イベント

デジタルパブリックアートシンポジウム
2009年10月30日(金)

(画像上:「空気の人」Aerial Being 写真クレジット:森本美絵(mie morimoto)、画像下:「出発の星座」Constellation of Departure)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために