ニュース

世界中から選りすぐりの作品を集めた映画祭『第10回 東京フィルメックス』、11月から開催

世界中から選りすぐりの作品を集めた映画祭『第10回 東京フィルメックス』が、11月21日から11月29日まで、有楽町朝日ホールほかにて開催される。

本イベントは、「映画の未来」を切り拓く目標を持った、普段なかなか劇場で観ることのできない作品の上映や、第一線で活躍する映画人の講演を聞くことができる映画祭だ。今年はコンペティション部門にスリランカやマレーシア、イランなどの国から、珠玉の10作品が集まる。また『ヴィザージュ』(ツァイ・ミンリャン監督)、『サースト ~渇き』(カンヌ国際映画祭審査委員賞受賞)、『蘇りの血』(豊田利晃監督)など、特別招待の10作品も充実したラインナップだ。加えてヌーヴェル・ヴァーグの先駆者であり、全貌に迫るのは日本で初となる映画監督ジャン・ピエール・メルヴィルのレトロスペクティヴも行われる予定となっている。

毎年個性にあふれた作品を収集し、確かな選定眼が高い評価を受けてきた東京フィルメックス。その濃密な作品群の魅力に、どっぷりと浸かってみたい。なお、プレイベントとして、『第10 回記念 東京フィルメックスの軌跡 ~未来を切り拓く映画作家たち』が、10月31日から11月6日まで、シネマート六本木にて行われる。こちらも映画祭の歩みを概観できる、貴重な試みとなっている。

CINRA.NETでは、『第10回 東京フィルメックス』にて上映される『堀川中立売』『ペルシャ猫を誰も知らない』の招待券を合計10組20名様にプレゼントいたします。(上映日時は下記指定になります)

・11月26日(木)18:40「堀川中立売」5組10名様

・11月27日(金)10:40「ペルシャ猫を誰も知らない」5組10名様

お問い合わせページより、件名に希望される作品名・お名前・ご住所を記入し、ご応募ください。当選の発表は、招待券の発送を持って返させて頂きます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2009年11月12日(木))。

『第10回 東京フィルメックス』

2009年11月21日(土)~11月29日(日)
会場:
有楽町朝日ホール(メイン会場:11月22日(日)~11月29日(日))
東劇(ニッポン★モダン1930特集:11月21日(土)~11月29日(日))
シネカノン有楽町1丁目(レイト上映のみ;11月21日(土)~11月28日(土))
明治大学 アカデミーホール(シンポジウム会場:11月21日(土))
有楽町スバル座(韓国映画ショーケース2009:11月21日(土)~11月30日(月))

料金:
前売はチケットぴあにて11月3日(火・祝)~11月19日(木)発売
・有楽町朝日ホール (各回入替制・全席指定)
前売券1回券1,300円(税込)
平日昼間3回券3,300円(税込)
当日券 一般1,700円 学生1,300円(税込)
・シネカノン有楽町1丁目 (全席指定)
前売券 1回券1,300円(税込)
当日券 一般:1,700円 学生:1,300円(税込)
・東劇 (全席指定)
前売券 1回券1,000円(税込)
当日券 一般1,000円(税込)
・有楽町スバル座
前売券 1回券(日時指定)1,300円(税込)(自由席※整理番号付)
当日券 一般1,700円(税込)
・明治大学アカデミーホール (全席指定)
前売券 S席3,300円(税込) A席2,800円
当日券 S席3,500円(税込) A席3,000円

『水曜シネマ塾』

2009年10月28日から毎週水曜日の夜、「映画と映画祭の新しい愉しみ方」について語る。

ゲスト:
第1回 崔洋一監督
第2回 SABU 監督
第3回 湯山玲子さん
第4回 西川美和監督
第5回 ロウ・イエ監督

『第10回記念 東京フィルメックスの軌跡 ~未来を切り拓く映画作家たち』

2009年10月31日(土)~11月6日(金)
会場:シネマート六本木
料金:一般・学生1,200円 シニア1,000円 (当日券のみ)
※ 10月31日のトークショーの回のみ、10月24日(土)~ チケットぴあにて前売発売

(画像上:『蘇りの血』©「蘇りの血」製作委員会、画像中:『ペルシャ猫を誰も知らない』、画像下:『堀川中立売』)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける