ニュース

ロシアでカルト的人気を誇る傑作SF映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』が自主上映

ロシアの傑作SF映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』の自主上映会が、10月27日と10月31日に青山の東京ウイメンズプラザ視聴覚室で開催される。この企画を主催するのは、バンタン映画映像学院映画配給宣伝・プロデューサー専攻科の学生。メジャーな映画が数多く公開される中で、観る機会が減少している他国の映画を若い世代に広めるきっかけ作りとしての試みとなる。

1986年にロシアで公開されたゲオルギー・ダネリヤ監督作品『不思議惑星キン・ザ・ザ』は、1991年に日本で初公開されて以来、現在でも一部の熱狂的なファンを抱えている作品。常識を覆す設定と、奇妙で曖昧な世界観で本国ロシアでもカルト的な人気を誇っている。

主人公は、モスクワの街中で異星人だと名乗る男に出会ってしまった2人の男、マシコフとバイオリン弾きのゲデヴァン。キン・ザ・ザ星雲の砂漠の惑星プリュクにワープした彼らを待ち受けていたのは、1秒間が地球の半年にあたるというおとぎ話のような世界だった。さらに、そこでの言語は罵倒後の「キュー」とそれ以外を表す「クー」の2種類のみ。2人の男による地味で摩訶不思議な旅がはじまった。

現在は、DVDも絶版になっている作品だけに、この貴重な鑑賞チャンスをお見逃しなく。

CINRA.NETでは『不思議惑星キン・ザ・ザ』自主上映会10月27日の回に5組10名様を招待します!
お問い合わせページより、件名を「不思議惑星キン・ザ・ザ自主上映会応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前をお書き添えの上、お送りください。当選の発表は、当選者のみご連絡させて頂きます。(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2009年10月24日)。
※10月22日追記:上映会の招待実施日時は10月27日(火)になります。既にご応募いただいている方で辞退を希望される方は問い合わせフォームからご連絡ください。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

『不思議惑星キン・ザ・ザ』自主上映会

2009年10月27日(火)、10月31日(土)18:00開場 18:15開演
会場:東京ウイメンズプラザ視聴覚室
上映作品:『不思議惑星キン・ザ・ザ』
料金:前売600円 当日700円
問い合わせ:kin-za-za@live.jp

『不思議惑星キン・ザ・ザ』

監督:ゲオルギー・ダネリヤ
キャスト:
スタニスラフ リュブシン
エウゲレーニー レオノフ

配給:パンドラ配給会社

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像