ニュース

ピピロッティ・リスト初長編映画『PEPPERMINTA』が、『ヨコハマ国際映像祭』でプレミア上映

現代アーティスト、ピピロッティ・リストによる初の長編映画『PEPPERMINTA』が、現在開催中の『ヨコハマ国際映像祭2009』で11月1日と3日限定で上映される。

リストは、1962年スイス生まれ。鑑賞者にポジティブな進化やひらめきをもたらし、感覚や官能性を呼び起こすことを目的とした作品で知られている。世界中の美術館、美術展にて作品展示を行い、近年ではニューヨーク近代美術館でのインスタレーション展示で100万人を動員するなど成功を収めている。2007年には日本での初個展『からから』を原美術館で開催した。

同映画は、恐れを知らない無垢な少女・ペパーミンタが、想像力によってタブーや固定観念に立ち向かう物語。独創的でありながらポップで鮮やかな色使いが印象的な作品。今回の上映がアジアプレミアとなる。

また、11月1日の上映後にはリストと、ビジュアルエフェクトを担当したダビデ・レジティーモによるトークイベントも開催される。

『PEPPERMINTA』(アジアプレミア上映)

2009年11月1日(日)18:00~20:30(予定)
2009年11月3日(火)12:00~13:30
会場:『ヨコハマ国際映像祭2009』メイン会場3 東京藝術大学大学院 映像研究科馬車道校舎

監督:ピピロッティ・リスト
脚本:
ピピロッティ・リスト
クリス・ニーマイヤー
撮影:ピエール・メネル
ビジュアル・エフェクト:ダヴィデ・レジティーモ
音楽:アンダース・グッギスバーグ
キャスト:
エヴェリナ・グツィク
スヴェン・ピピク
サビーヌ・ティモテオ
エリザベツ・オース

※11月1日上映後トーク有り
ピピロッティ・リスト(監督)×ダビデ・レジティーモ(ビジュアルエフェクト)

『ヨコハマ国際映像祭2009』

2009年10月31日(土)~11月29日(日)
時間:11:00~19:00(土・日・祝10:00~19:00)
会場:新港ピア、BankART Studio NYK、東京芸術大学大学院映像研究科馬車道校舎、他サテライト会場
主催:横浜国際映像祭2009実行委員会(横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年