ニュース

フランスの劇作家パスカル・ランベールの代表作が2作同時上演、名優ルー・カステルら出演

フランスの劇作家・演出家、パスカル・ランベールの代表作『演劇という芸術』『自分のこの手で』が、11月19日から23日まで東京・駒場東大前のこまばアゴラ劇場で上演される。

パスカル・ランベールは、1984年頃から演劇、映画、オペラ、ダンスなど様々な分野で俳優や演出家として活動を行ってきたアーティスト。2007年にパリのジュヌビリエ国立演劇センターの芸術監督に就任した以降は、平田オリザ、青山真治、岡田利規など日本のアーティストとの共同事業を積極的に展開し、日仏文化交流において重要な役割を担ってきた。

今回上演されるのは、そんなランベールの代表的な短編2作品。青山真治監督作品『Le Petit Chaperon Rouge』ほか、著名作に多数出演してきたルー・カステルと1匹の犬の物語『演劇という芸術』と、1993年に男性キャストのために書かれたテキストで初演された作品を、ランベールにとって最も重要な女優ケイト・モランを起用しリメイクされた『自分のこの手で』だ。

日本公演自体が約3年振りとなるうえに、フランスで制作した作品を日本で上映するのは今回が初めての機会となる。パスカル・ランベールと2人の名優による2つの作品を、お見逃しなく。

青年団国際演劇交流プロジェクト2009
『演劇という芸術』『自分のこの手で』

2009年11月19日(木)19:30~
2009年11月20日(金)19:30~
2009年11月21日(土)15:00~
2009年11月22日(日)15:00~
2009年11月23日(月)15:00~
(開場は開演の20分前)
会場:こまばアゴラ劇場(東京・駒場東大前)

脚本・演出:パスカル・ランベール

料金:一般3,000円 学生・シニア(65歳以上)2,000円(日時指定・自由席)
チケット取り扱い:青年団 03-3469-9107

(画像:『演劇の芸術』)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている