ニュース

フランスの劇作家パスカル・ランベールの代表作が2作同時上演、名優ルー・カステルら出演

フランスの劇作家・演出家、パスカル・ランベールの代表作『演劇という芸術』『自分のこの手で』が、11月19日から23日まで東京・駒場東大前のこまばアゴラ劇場で上演される。

パスカル・ランベールは、1984年頃から演劇、映画、オペラ、ダンスなど様々な分野で俳優や演出家として活動を行ってきたアーティスト。2007年にパリのジュヌビリエ国立演劇センターの芸術監督に就任した以降は、平田オリザ、青山真治、岡田利規など日本のアーティストとの共同事業を積極的に展開し、日仏文化交流において重要な役割を担ってきた。

今回上演されるのは、そんなランベールの代表的な短編2作品。青山真治監督作品『Le Petit Chaperon Rouge』ほか、著名作に多数出演してきたルー・カステルと1匹の犬の物語『演劇という芸術』と、1993年に男性キャストのために書かれたテキストで初演された作品を、ランベールにとって最も重要な女優ケイト・モランを起用しリメイクされた『自分のこの手で』だ。

日本公演自体が約3年振りとなるうえに、フランスで制作した作品を日本で上映するのは今回が初めての機会となる。パスカル・ランベールと2人の名優による2つの作品を、お見逃しなく。

青年団国際演劇交流プロジェクト2009
『演劇という芸術』『自分のこの手で』

2009年11月19日(木)19:30~
2009年11月20日(金)19:30~
2009年11月21日(土)15:00~
2009年11月22日(日)15:00~
2009年11月23日(月)15:00~
(開場は開演の20分前)
会場:こまばアゴラ劇場(東京・駒場東大前)

脚本・演出:パスカル・ランベール

料金:一般3,000円 学生・シニア(65歳以上)2,000円(日時指定・自由席)
チケット取り扱い:青年団 03-3469-9107

(画像:『演劇の芸術』)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送