ニュース

坂本龍一も絶賛の3ピースバンド「ar」、銀座Apple Storeで無料インストアライブ

11月11日に、ニューアルバム『LOVE LU LE LO』をリリースしたばかりの「ar(アル)」が、11月15日に銀座Apple Storeで無料インストアライブを行う。

arは、クボアツシ(Vo)、フジモトヨシタカ(B)、オオタツバサ(G)の3人からなるスリーピースバンド。2003年に都内で結成され、ピアニスト・清塚信也のアルバム楽曲アレンジやトラックメイキング、写真展とのコラボ楽曲製作、ファッションショーのミュージック制作、短編映画の劇中歌を手がけるなど、多岐に渡って良質な音楽を作り続けている。

『LOVE LU LE LO』には、エレクトロ、フォーク、シューゲイザーをベースにしたサウンドが特徴的な計15曲を収録。坂本龍一が自身の番組『Radio Sakamoto』で4年にわたり彼らの楽曲をオンエアし続けているのも納得の作品に仕上がっている。YouTubeでは収録曲“LOVE LU LE LO”“Thank U bye bye Robin Hood”“i + i (アイタスアイ)”のミュージックビデオも公開されているのでチェックしてみよう。

ar
『LOVE LU LE LO』

2009年11月11日発売
価格:2,310円(税込)
XQER-1017

1.LOVE LU LE LO
2.Thank U bye bye Robin Hood
3. マサシクダビンチ
4. i + i (アイタスアイ) 
5. うさぎ
6. Mr.parachuteman 
7. lovely dance ~あなたの中のボク~
8. Q. 
9. Good morning angel
10. HAPPY BIRTHDAY
11. chu chu chu
12. ユラユラオドレ
13. ON
14. double face (ダブルフェイス)
15. くもりデー

amazonで購入する

『ar 銀座 Apple Storeインストアライブ』

2009年11月15日(日)START 17:00
会場:東京 銀座 Apple Store 3F シアタールーム
出演:ar
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材