ニュース

本年度『文化庁メディア芸術祭』受賞作品発表、特別功労賞に金田伊功

文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁、国立新美術館、CG-ARTS協会)による『第13回文化庁メディア芸術祭』の受賞作品と推薦作品が発表された。本年度はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界54ヶ国過去最多となる2,592作品の応募があったという。

アート部門大賞は、成長するタマネギをレーザーで測定し、リアルタイムに複製していく動的インスタレーション『growth modeling device』が受賞。時間を形象化するという時空間の生成装置としてのメディアに対しての深い洞察が高く評価された。

エンターテインメント部門大賞は、ナカムラマギコ、中村将良、川村真司、ハルカークランドによる人と人との繋がる気持ちを表現した、バンド「SOUR」のミュージックビデオ『日々の音色』が受賞。ウェブカメラで撮影した素材を編集した映像が綿密に構成され、グリッドやウェブという概念を越えて触れ合う人々という演出テーマだけでなく、ミュージックビデオとしての完成度の高さでも注目が集めた。また優秀賞には電気グルーヴのミュージックビデオ『Fake It!』も名を連ねている。

アニメーション部門大賞は、細田守監督の映画『サマーウォーズ』が受賞。優秀賞には、長編人形アニメーション『屋根裏のポムネンカ』、フジテレビのノイタミナ枠で放送されたテレビアニメ『東京マグニチュード8.0』、東京都写真美術館で期間限定上映も記憶に新しいストップモーションアニメ『電信柱エレミの恋』などが選出された。

マンガ部門大賞は、幸村誠の作品となる復讐に燃える少年の冒険と成長の物語『ヴィンランド・サガ』が受賞。優秀賞は、こうの史代『この世界の片隅に』、三宅乱丈『イムリ』、山田芳裕『へうげもの』などが受賞している。

功労賞には、テレビゲーム『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』など、数多くの作品を手がけた宮本茂が選ばれた。なお、特別功労賞は、今年7月に死去したアニメーターの金田伊功に贈られる。

2010年2月2日からは贈呈式、2月3日からは国立新美術館にて受賞作品を紹介する『第13回 文化庁メディア芸術祭』が開催される。

『第13回文化庁メディア芸術祭 受賞作品』

アート部門

大賞
『growth modeling device』デイヴィッド ボーエン
優秀賞
『Mr. Lee Experiment』Mr. Lee Experiment 制作チーム代表 ジョンファン・ソン
『Nemo Observatorium』ローレンス マルスタッフ
『SEKILALA』志村諭佳 / 志村健太郎(SHIMURABROS.)
『Braun Tube Jazz Band』和田永
奨励賞
『F - void sample』魚住剛

エンターテインメント部門

大賞
『日々の音色』 ナカムラ マギコ/中村将良/川村 真司/ハル カークランド
優秀賞
『NARUTO−ナルト− ナルティメットストーム』NARUTO−ナルト− ナルティメットストーム 開発チーム代表 松山洋
『電気グルーヴ/Fake It!』 田中秀幸
『LOVE DISTANCE』伊藤直樹
『scoreLight』アルバロカシネリ/真鍋大度/栗原優作/アレクシス ゼルーグ
奨励賞
『アサヒ・アート・フェスティバル』アサヒ・アート・フェスティバル ウェブサイト 制作チーム代表 小川裕子

アニメーション部門

大賞
『サマーウォーズ』細田守
優秀賞
『屋根裏のポムネンカ』イジィバルタ
『東京マグニチュード8.0』橘正紀
『The Cable Car 』クラウディウス ゲンティネッタ/フランク ブラウン
『電信柱エレミの恋』中田秀人(ソバットシアター)
奨励賞
『アニマルダンス』大川原亮

マンガ部門

大賞
『ヴィンランド・サガ』幸村誠
優秀賞
『イムリ』三宅乱丈
『海獣の子供』五十嵐大介
『この世界の片隅に』こうの史代
『へうげもの』山田芳裕
奨励賞
『ヒーシーイット アクア』ウィスット・ポンニミット

功労賞
宮本茂(ミヤモトシゲル)ゲームクリエイター 

特別功労賞
金田伊功(カナダヨシノリ)アニメーター

問い合わせ:CG-ARTS協会「文化庁メディア芸術祭事務局」0120-454536

『第13回 文化庁メディア芸術祭』

2010年2月3日(水)~2月14日(日)
会場:国立新美術館(東京・六本木)
時間:10:00 ~18:00金曜は20:00(入館は閉館の30分前)
休館日:2010年2月9日

(画像上から:「growth modeling device」© David Bowen 「growth modeling device」 David BOWEN、「日々の音色」ナカムラ マギコ / 中村 将良 / 川村 真司 / Hal KIRKLAND © 2009 Zealot Co.,ltd / Neutral Nine Records、「サマーウォーズ」細田 守© 2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS、「ヴィンランド・サガ」幸村 誠 © 幸村誠/講談社)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける