ヌーベルバーグの旗手としても知られる仏映画監督エリック・ロメールが死去

フランスの映画監督でありヌーベルバーグの重要人物として知られるエリック・ロメールが、1月11日にパリ市内で死去した。享年89歳。

同氏は教員や映画評論を執筆する傍らで映画制作を開始。映画『緑の光線』『クレールの膝』などの代表作を手掛け、ゴダールやトリュフォーらとともに映画運動「ヌーベルバーグ」の旗手の1人として活動していた。2001年にはベネチア国際映画祭金獅子賞・特別功労賞を授与している。

死因は明らかにされていないが、1週間前から入院していたという。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ヌーベルバーグの旗手としても知られる仏映画監督エリック・ロメールが死去

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて