コラボTシャツブランド「FLYD」第2弾にSCLL、多田玲子、マスドレジャケの作者ら登場

フリーペーパー「PARCO-CITY FLYER」によるアーティストコラボブランド「FLYD」の第2弾参加アーティストが発表された。

「FLYD」は「PARCO-CITY FLYER」が独自に選んだアーティストとのオリジナルコラボTシャツを販売するブランドだ。第1弾では、漫画家の中村光、相対性理論のやくしまるえつこをはじめ、様々な分野で活躍するアーティストたちが参加している。

第2弾となる今回は、2枚のオリジナルアルバムを矢継ぎ早にリリースしたバンド・Spangle call Lilli line、kiiiiiiiのドラマーとしても知られるイラストレーター・多田玲子(レイキン・ザ・キーー)、最新公演『サーフィンUSB』を控える劇団「ヨーロッパ企画」から角田貴志、そしてMASS OF THE FERMENTING DREGSのCDジャケットでお馴染みのこざき亜衣が参加。

価格は2,800円。オンラインストア「PARCO-CITY FLYER SHOP」で購入することが可能だ。


『FLYD アーティスト・コラボレーションTシャツ』

2010年6月25日から販売スタート

第2弾参加アーティスト:
・角田貴志(ヨーロッパ企画)
・こざき亜衣
・Spangle call Lilli line
・多田玲子(レイキン・ザ・キーー)

価格:2,800円(税込)
サイズ:メンズ/M・L・XL レディース/S・M・L

(画像上から:Spangle call Lilli line「SCLLT2010~type2」Tシャツ、多田玲子〈レイキン・ザ・キーー〉「コーヒーブレイクとティーブレイク」Tシャツ、こざき亜衣「ride on rhino」Tシャツ、角田貴志〈ヨーロッパ企画〉「サーフィンUSBT」Tシャツ)

  • HOME
  • Life&Society
  • コラボTシャツブランド「FLYD」第2弾にSCLL、多田玲子、マスドレジャケの作者ら登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて