ニュース

サウンドアートの歴史と新たな発展を示す研究書籍、前書きにジム・オルーク

サウンドアートの歴史とその発展、新たな展望を示す新しいサウンドアート研究書籍『SOUND ART ──音楽の向こう側、耳と目の間』が、フィルムアート社から刊行された。

同書は、ニューヨークアンダーグラウンドの熱気の中で過ごし、音楽家、ミニマル・ミュージック研究家、ジャーナリストとして様々な顔を持つアラン・リクトが著したもの。アカデミックなカテゴリーから脱し、現場において皮膚感覚で得た「音」をめぐる「アート」のさまざまな事象から、サウンドアートの地図の作成を試みている。

内容は、「サウンドアートとは何か」「環境とサウンドスケープ」「音と美術の世界」といった考察から、サウンドアートを取り巻くアーティストのバイオグラフィまで約350ページにわたり凝縮されている。

さらに前書きをジム・オルークが担当。同書の中でジムは「本書を読んだあと、音に目を向けたあなたは、それが音なのかアートなのかを自問することになるだろう。そしてまたもやスタート地点に立つことになる。」と記している。

ジョン・ケージからデストロイ・オール・モンスターズ、ルイジ・ルッソロから池田亮司まで取り扱った同書は新しいサウンドアート研究の決定版といえるだろう。

『SOUND ART ──音楽の向こう側、耳と目の間』

2010年4月23日発売
著者:アラン・リクト(日本語版特別寄稿:恩田晃)
翻訳:荏開津広、西原尚
監訳:木幡和枝
価格:2,625円(税込)
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図