ニュース

猪熊弦一郎の作品を、谷川俊太郎の文ではじまる絵本『いのくまさん』に沿って紹介

東京、パリ、ニューヨーク、ハワイと活動の拠点を移しながら制作を続けた画家・猪熊弦一郎の展覧会『いのくまさん』が、東京オペラシティアートギャラリーにて7月4日まで開催されている。

猪熊弦一郎は、マティス、ピカソ、藤田嗣治、マーク・ロスコ、イームズ夫妻、イサム・ノグチなど、さまざまな芸術家と出会い、親交を深めたことでも知られる画家。猪熊は芸術を一部の人のものではなく、全ての人に開かれているべきだと考え、私たちの日常を美にあふれた楽しいものにする試みなど、多彩な仕事を手掛けていた。

同展は2007年に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催された展覧会の東京展として、同館所蔵の猪熊作品約100点を展示する予定。まるで絵本の中を歩くように、谷川俊太郎による簡潔で美しい文に導かれ、「顔」「鳥」「猫」「色」「形」といったテーマに沿って猪熊の絵画世界を巡ることができる。絵を描くこと、創ることのよろこびに触れる貴重な機会となりそうだ。

猪熊弦一郎展
『いのくまさん』

2010年4月10日(土)~7月4日(日)
会場:東京オペラシティアートギャラリー
時間:11:00~19:00(金・土は20:00まで、入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日
料金:一般1,000円 大学生・高校生800円 中・小学生600円

関連イベント

木島俊介(美術評論家)記念レクチャー

2010年5月15日(土)
会場:東京オペラシティビル7F 第1会議室
時間:14:00~16:00
定員:80名(要予約、定員になり次第締切)
料金:無料

ギャラリートーク
古野華奈子「いのくまさんってどんな人?」

2010年6月6日(日)
会場:東京オペラシティアートギャラリー ギャラリー1・2
時間:14:00~15:00
料金:無料

ギャラリーツアー

2010年5月22日(土)、6月19日(土)
時間:14:00~15:00

(画像:《顔35》 アクリル絵具,キャンバス 1989年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵 ©財団法人ミモカ美術振興財団)

《顔35》 アクリル絵具,キャンバス 1989年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵 © 財団法人ミモカ美術振興財団
《顔35》 アクリル絵具,キャンバス 1989年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵 © 財団法人ミモカ美術振興財団
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告