ニュース

東浩紀が絶賛する批評家・福嶋亮大が著書『神話が考える』の刊行記念連続トーク

批評家・福嶋亮大の書籍『神話が考える ネットワーク社会の文化論』の刊行を記念したトークイベントが、都内3会場で開催される。

福嶋は、先日『三島由紀夫賞』を受賞した東浩紀も「ゼロ年代批評最後の大物新人」と評する気鋭の批評家。守備範囲は古典から東アジア圏のライトノベル、ケータイ小説、さらにはネットワーク論から構造主義までと幅広く、『思想地図』『ユリイカ』などに論考を寄稿している。

『神話が考える ネットワーク社会の文化論』では、現代におけるアーキテクチャと想像力の問題を「神話」という概念をもとに、レヴィ=ストロースから村上春樹まで広範な資料とともに現代文化論を繰り広げており、現在4刷と順調に版を重ねていることからもその話題性が窺われる。

5月29日のリブロ池袋のイベントは「現代中国の小説・文化」と題し、文芸誌『ファウスト』を立ち上げた太田克史による司会のもと、中国現代小説の翻訳家・泉京鹿と対談を行う。5月30日の青山ブックセンター本店イベントでは、若手批評家・研究者の千葉雅也と対談。7月6日に紀伊國屋サザンシアターで行われる回は「10年代の文化の地平」と題し、東浩紀、濱野智史、黒瀬陽平、渋谷慶一郎らとディスカッションを行う。

『神話が考える』

2010年3月24日発売
著者:福嶋亮大
価格:1,995円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

『神話が考える――ネットワーク社会の文化論』(青土社)刊行記念イベント

『現代中国の小説・文化』

2010年5月29日(土)OPEN 18:45 / START 19:00~
会場:リブロ池袋コミュニティカレッジ3番教室
出演:
福嶋亮大
泉京鹿
司会:太田克史
予約:リブロ池袋本店リファレンスカウンターにて発券

『現代思想は生き残れるか?―2010年代の思考の場をめぐって』

2010年5月30日(日)START 19:00
会場:青山ブックセンター本店
出演:
福嶋亮大
千葉雅也
予約:店頭とウェブサイトにて受付

『10年代の文化の地平』

2010年7月6日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:紀伊國屋サザンシアター
出演:
東浩紀
福嶋亮大
濱野智史
黒瀬陽平
渋谷慶一郎
予約:6月1日よりキノチケットカウンター、紀伊國屋サザンシアターにて受付開始

福嶋亮大『神話が考える』
福嶋亮大『神話が考える』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年