ニュース

東浩紀が絶賛する批評家・福嶋亮大が著書『神話が考える』の刊行記念連続トーク

批評家・福嶋亮大の書籍『神話が考える ネットワーク社会の文化論』の刊行を記念したトークイベントが、都内3会場で開催される。

福嶋は、先日『三島由紀夫賞』を受賞した東浩紀も「ゼロ年代批評最後の大物新人」と評する気鋭の批評家。守備範囲は古典から東アジア圏のライトノベル、ケータイ小説、さらにはネットワーク論から構造主義までと幅広く、『思想地図』『ユリイカ』などに論考を寄稿している。

『神話が考える ネットワーク社会の文化論』では、現代におけるアーキテクチャと想像力の問題を「神話」という概念をもとに、レヴィ=ストロースから村上春樹まで広範な資料とともに現代文化論を繰り広げており、現在4刷と順調に版を重ねていることからもその話題性が窺われる。

5月29日のリブロ池袋のイベントは「現代中国の小説・文化」と題し、文芸誌『ファウスト』を立ち上げた太田克史による司会のもと、中国現代小説の翻訳家・泉京鹿と対談を行う。5月30日の青山ブックセンター本店イベントでは、若手批評家・研究者の千葉雅也と対談。7月6日に紀伊國屋サザンシアターで行われる回は「10年代の文化の地平」と題し、東浩紀、濱野智史、黒瀬陽平、渋谷慶一郎らとディスカッションを行う。

『神話が考える』

2010年3月24日発売
著者:福嶋亮大
価格:1,995円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

『神話が考える――ネットワーク社会の文化論』(青土社)刊行記念イベント

『現代中国の小説・文化』

2010年5月29日(土)OPEN 18:45 / START 19:00~
会場:リブロ池袋コミュニティカレッジ3番教室
出演:
福嶋亮大
泉京鹿
司会:太田克史
予約:リブロ池袋本店リファレンスカウンターにて発券

『現代思想は生き残れるか?―2010年代の思考の場をめぐって』

2010年5月30日(日)START 19:00
会場:青山ブックセンター本店
出演:
福嶋亮大
千葉雅也
予約:店頭とウェブサイトにて受付

『10年代の文化の地平』

2010年7月6日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:紀伊國屋サザンシアター
出演:
東浩紀
福嶋亮大
濱野智史
黒瀬陽平
渋谷慶一郎
予約:6月1日よりキノチケットカウンター、紀伊國屋サザンシアターにて受付開始

福嶋亮大『神話が考える』
福嶋亮大『神話が考える』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像