ニュース

フジファブリックのニューアルバムは『MUSIC』、東京事変の刃田綴色が全曲ゲスト参加

フジファブリックが7月28日にリリースするニューアルバムの詳細が明らかになった。

今回のニューアルバムは、昨年12月に逝去したギター・ボーカルの志村が生前に制作していた楽曲達を、フジファブリックの新しい作品として完成させて世に出したいというメンバーとスタッフの思いから発売が決定したもの。

アルバムのタイトルは『MUSIC』。彼らにとって5枚目となる同アルバムは、前作『CHRONICLE』のリリースツアーや夏フェスでサポートドラムを務めた刃田綴色(東京事変)を全収録曲のレコーディングゲストに迎えており、“夜明けのBEAT”“Bye Bye”“パンチドランカー”など全10曲が収録される。

すべてを音楽に捧げて生きた志村が見据えたであろうフジファブリックの未来にちなみ、「MUSIC」と名づけられた同アルバム。初回生産限定盤は4種類の封入物がランダムに付属するスペシャルパッケージを予定。また、通常盤は8月31日まで「期間限定フジフジプライス」として2,424円で販売される。収録内容の詳細は、オフィシャルサイトで随時公開予定。

なお、明日5月29日にはフジファブリック主催イベント『フジフジ富士Q』のチケット一般発売がスタート。当日の混雑を考慮し、開場時間が15:00から14:00に変更されている。

フジファブリック
『MUSIC』(初回限定盤)

2010年7月28日発売
価格:3,059円(税込)
AICL 2155

収録曲:
・夜明けのBEAT
・Bye Bye
・Helo
・君は僕じゃないのに
・パンチドランカー
・眠れぬ夜
ほか全10曲

フジファブリック
『MUSIC』(通常盤)

2010年7月28日発売
価格:2,424円(8月31日までの期間限定価格、税込)
AICL 2424

収録曲:
・夜明けのBEAT
・Bye Bye
・Helo
・君は僕じゃないのに
・パンチドランカー
・眠れぬ夜
ほか全10曲

『フジフジ富士Q』

2010年7月17日(土)OPEN 14:00 / START 16:00 / END 20:00
会場:富士急ハイランド・コニファーフォレスト

出演:
安部コウセイ
奥田民生
片寄明人
氣志團
クボケンジ(メレンゲ)
くるり
斉藤和義
スカパラホーンズ
ハナレグミ
フジファブリック
PUFFY
藤井フミヤ
真心ブラザーズ
吉井和哉
和田唱(TRICERATOPS)
and more

料金:全席指定 5,000円(税込)
※チケットをお持ちの方は当日のみ富士急ハイランド入園料が無料
※雨天決行・荒天中止
チケット一般発売日:2010年5月29日
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:343-519)
ローソンチケット(Lコード:78310)
e+

フジファブリック
フジファブリック
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開