ニュース

鮮やかに彩られた虫たちの断片、抽象的と具象の間を描く筒井伸輔個展

画家・筒井伸輔の個展が、東京・市ヶ谷のMizuma Art Galleryで6月12日から開催される。

半透明な蜜蝋の質感を生かした深みのある作品は、身近で採集した蟻や蜂、蛾といった小さな昆虫の死骸一部分が拡大されており、顕微鏡写真で取り出した自然の形をそのままトレースして作られているという。主観をそぎ落として作り上げられるそれらの表現に毒々しい彩色を施し、また意識的にモチーフをトリミングすることでより印象的な作品に仕上がっている。

同展では、キャンバス作品やドローイングに加え、実際に筒井が使用している顕微鏡を展示する予定。顕微鏡を覗き、ミクロの先にあるものを確かめることでより作品世界が体感できるだろう。

ノスタルジックな幻影ではなく確かな存在であり、また別の対象物へとつながっていく無限の連鎖を提示する筒井作品。対象物と真摯に向き合った絵画表現の変遷を、ぜひ目撃してほしい。

『筒井伸輔展』

2010年6月12日(土)~7月17日(土)
会場:Mizuma Art Gallery
時間:11:00~19:00
休廊日:日・月曜、祝日

(画像:2010 ロウ、オイルパステル、キャンバス、パネル 134.3×84.2cm © TSUTSUI Shinsuke Courtesy Mizuma Art Gallery)

2010 ロウ、オイルパステル、キャンバス、パネル 134.3×84.2cm © TSUTSUI Shinsuke Courtesy Mizuma Art Gallery
2010 ロウ、オイルパステル、キャンバス、パネル 134.3×84.2cm © TSUTSUI Shinsuke Courtesy Mizuma Art Gallery
2010 ロウ、オイルパステル、キャンバス、パネル 134.3×84.2cm © TSUTSUI Shinsuke Courtesy Mizuma Art Gallery
2010 ロウ、オイルパステル、キャンバス、パネル 134.3×84.2cm © TSUTSUI Shinsuke Courtesy Mizuma Art Gallery
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今