ニュース

石井克人&小池健の刺激的スピード型劇場アニメ『REDLINE』、公開が10月に決定

映画『PARTY7』『茶の味』などの監督を手がけた石井克人と、アニメーター・小池健がタッグを組んだ長編アニメーション映画『REDLINE』の公開が、10月に決定したことが明らかになった。

『REDLINE』はCGをあえて使わずに、製作期間7年、作画枚数10万枚という膨大な時間を費やした驚愕のアニメーション映画。極限のスピードを追い求める主人公JPと、子供の頃から表彰台に立つことを夢見てきたジャンクショップの娘ソノシー、そして戦車顔負けの武装改造を行う個性豊かなライバルたちが、5年に1度の「宇宙最速」の座を賭けた祭典「REDLINE」のグランプリをかけて一戦の火蓋を切るというストーリー。スピード感を再現するため、コンピューターで計算しきれない誤差と歪みの表現にこだわりつくして描いたという映像表現が、海外で早くも高い評価を得ている。

監督は、『アニマトリックス ワールド・レコード』で世界にデビューし、テレビアニメ『サムライチャンプルー』のオープニングも担当した小池健。原作・脚本を手がけた石井克人とは『PARTY7』『茶の味』など、これまでの作品で強力なタッグを見せているだけに、2 人による新たな新境地に期待が募る。さらに制作を映画『パプリカ』『時をかける少女』『サマーウォーズ』などを手がけた日本屈指のクリエイター集団「マッドハウス」が担当する。

公開日など詳細は後日発表予定。続報を楽しみに待とう。

『REDLINE』

2010年10月新宿バルト9ほか全国公開
原作・脚本・音響監督:石井克人
監督:小池健
脚本:榎戸洋司、櫻井圭記
アニメーション制作:マッドハウス
配給:東北新社

(画像:©2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会)

©2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
©2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
©2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
©2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開