ニュース

ドラえもんとひみつ道具を現代の先端技術が実現する『ドラえもんの科学みらい展』

世代を越えて愛され続けるドラえもんとその数々のひみつ道具を現代の先端技術と重ね合わせて紹介する『ドラえもんの科学みらい展』が、東京・お台場の日本科学未来館で6月12日から開催される。

同展では、ドラえもんとそのひみつ道具が、現代の科学技術によって現実のものになりつつあることを新たな視点で紹介。ドラえもんの世界観を感じさせる場内には「タケコプター」「透明マント」などのひみつ道具が繰り広げる夢の世界が展開されるほか、最新のロボット研究をはじめ先端研究の数々を参加体験型でわかりやすく展示されるなど、親子でも楽しめる内容となっている。

会場内は、日常生活でペットロボットなどが身近な存在となった今、人とロボットとのコミュニケーションについての研究を紹介し、22世紀にドラえもん(ロボット)が暮らす未来を想像する「ドラえもんと暮らす未来」ゾーンと、ドラえもんのひみつ道具の中に見た夢は今どれほど実現しているかについて、「タケコプター」「透明マント」「ほんやくコンニャク」などのひみつ道具と先端技術を重ね合わせ、発展する科学技術を新たな視点で紹介するゾーンから構成される。

ドラえもんとその魅力的なひみつ道具によって、夢を持つことの大切さや空想の力が未来を切り開くことを新鮮な驚きとともに伝える同展で、ぜひ科学技術の現在と未来の姿を考えてみてほしい。

『ドラえもんの科学みらい展』

2010年6月12日(土)~9月27日(月)
会場:日本科学未来館 1階企画展示ゾーン(東京・青海)
時間:10:00~17:00
(入館は閉館30分前まで、8月中の土日は18:00まで開館、8月13日~8月15日は20:00まで開館)
休館日:火曜日(ただし、7月27日~8月31日は開館)
料金:大人1,300円 18歳以下600円(常設展示見学可)
※企画展のみは大人 1,000 円(友の会 800円)、18歳以下 500円(友の会 400円)
※小学校未就学児は無料、障がい者手帳所持者は当人および付き添い者1名まで無料

関連イベント

サイエンティスト・トーク
『ドラえもんの科学みらい展』公開記念シリーズ

第1回『タケコプター!?~ひとり乗りヘリ GEN H-4~』

2010年6月26日(土)
会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン b
時間:14:30~15:30(受付 14:15~)
定員:50名
参加費:無料
参加方法:事前申し込み不要。 直接会場受付にお越し下さい。
※会場での当日の写真や映像を、展示記録や広報などの目的で使用する場合があります。 あらかじめご了承ください。
※『ドラえもんの科学みらい展』をご覧いただくには、別途、入場料が必要となります。

第2回『ほんやくコンニャク!?~音声翻訳技術~』

2010年7月24日(土)
講師:中村哲(情報通信研究機構)

第3回『タイムマシン!?~最先端物理学によるタイムトラベル~』

2010年8月21日(土)
講師:二間瀬敏史(東北大学教授)

(画像上:©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK、画像中:GEN H-4、画像下:透明マント Tachi Laboratory, The University of Tokyo and Keio University)

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
GEN H-4
GEN H-4
透明マント Tachi Laboratory, The University of Tokyo and Keio University
透明マント Tachi Laboratory, The University of Tokyo and Keio University
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開