ニュース

『横井軍平ゲーム館』改訂復刻版が登場、任天堂を築いたゲーム開発者の創作アイデアとは

1997年に発売された横井軍平の著書『横井軍平ゲーム館』(アスキー)が、改訂復刻版『横井軍平ゲーム館 Returns ゲームボーイを生んだ発想力』として6月25日にフィルムアート社から刊行される。

横井軍平は、任天堂の元製造本部開発第一部部長として『ファミリーコンピュータ』『ゲームボーイ』『バーチャルボーイ』など様々な人気商品の開発に携わり、宮本茂と並んで任天堂の根底を築きあげた人物。『横井軍平ゲーム館』は、独自の商品開発の姿勢や哲学でゲーム界の重要人物として知られる横井の長時間インタビューをまとめた書籍。アスキー版は、現在入手が困難となっており、プレミア本となっていた。

改訂復刻版では、編集部による注釈の追加や、年表のリニューアル、撮りおろしの図版の挿入などが行われており、横井軍平の仕事を現代において読み解くための要素が追加されている。また、インタビュアーの牧野武文による序文と、これまでにゲームに関するコラムを多数発表しているコラムニスト・ブルボン小林による解説も加えられた。

さらに、帯にはピエール瀧が「読めばよむほど一機増えます!」と気合の入った推薦コメントを提供。任天堂のゲーム機を髣髴とさせる装丁は東京ピストルが手がけている。

「枯れた技術の水平思考」で知られる、伝説のゲームの開発者として名高い横井軍平の創作アイデアを、メディアの変貌期である今だからこそ振り返ってほしい。

『横井軍平ゲーム館 Returns ゲームボーイを生んだ発想力』

2010年6月25日発売
価格:2,100円(税込)
著者:横井軍平、牧野武文
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

『横井軍平ゲーム館 Returns ゲームボーイを生んだ発想力』
『横井軍平ゲーム館 Returns ゲームボーイを生んだ発想力』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開